アジアンタイヤメーカー スポーツタイヤ

アジアンスポーツタイヤが熱い!《コスパ最強おすすめ11選》

投稿日:2018年7月18日 更新日:

アジアンスポーツタイヤがおすすめできる時代になりました。

2010年頃のアジアンスポーツタイヤは発展途上の真っ只中で粗悪品の代名詞でもありましたが、近年飛躍的に総合性能が高まり、価格の安さと相まってコストパフォーマンスに優れたアジアンタイヤが多くなってきました。

実際に国産スポーツタイヤと同等性能を持つハイグリップタイヤも各アジアンタイヤメーカーよりリリースされ、アジアンスポーツタイヤの盛り上がりが日増しに大きくなってきたんです。

この理由として、アジアンタイヤメーカー各社が積極的にモータースポーツ(D1グランプリ・フォーミュラドリフトなど)へ参戦(供給)する事で、タイヤメーカーとしての認知度を向上させながら、レースで得たノウハウや技術を市販タイヤ開発にフィードバックしてきた結果といえます。

アジアンスポーツタイヤの強み「価格の安さ」

ドリフト走行やタイムを競うサーキット走行は、コースを数周全開走行する事でタイヤが激しく磨耗し、タイヤとしての機能を果たさなくなるとともに、ユーザーにとって最大のネックがタイヤ費用でした。

アジアンハイグリップタイヤは1本数千円で購入できるので、モータースポーツユーザーには金銭メリットが高く、価格以上の性能も持ち合わせた事で人気を後押しすることに。

特に、台湾のナンカンタイヤやインドネシアのATR RADIALなどがアジアンスポーツタイヤを牽引する存在となり、日本国内ではオートウェイタイヤ通販を通じて、ユーザーに評判のスポーツタイヤ・ドリフトタイヤとして選ばれ続けています。

国産タイヤメーカーやメジャータイヤメーカーのスポーツタイヤラインナップ数には及びませんが、おすすめできるアジアンスポーツタイヤを紹介します。

アジアンスポーツタイヤのおすすめメーカー紹介

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)インドネシア

モータースポーツ界で独自の世界観を打ち出し、特にドリフトユーザーから高い人気を獲得するインドネシアのタイヤメーカー「ATR RADIAL」

天然ゴム生産拠点として認知度の高いインドネシアですが、その地理的メリットをいかしてタイヤの製造コストを抑えることで、タイヤ価格をスマートに提案。

性能評価とタイヤ価格のバランスが良く、幅広いユーザーから支持されています。

ATR RADIAL (エーティーアールラジアル)タイヤの評判は? 格安通販するならオートウェイがおすすめです。

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)はインドネシアのタイヤメーカー。 過去にはイタリア・ミラノに本社を置くピレリ、ドイツ・ハノーファーに本社を置くコンチネンタルと技術提携を結んでいたこと ...

続きを見る

ATR SPORT

ストリート向けのカジュアルスポーツタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本3950円〜(195/50R15 82V)

ATR SPORT(エーティーアールスポーツ)は、ATR RADIALの評価を大きく高めたタイヤとして注目され続ける、人気のストリートスポーツタイヤです。

ドライ・ウェットグリップ共に高いレベルを保ちながら旋回性能にも注力する事で、コントロール性の高いタイヤと評価されています。

基本的にスポーツタイヤのカテゴリーに属するタイヤなので、乗り心地や静粛性では期待は持てないが、その感覚は装着する車種やドライバーより受け止め方に違いがあり、ユーザーによっては乗り心地や静粛性に不満がないとの声も上がりますね。

ATR SPORTの販売ページはこちらをクリック

ATR SPORT2

ATR SPORTのDNAを受け継ぐスポーツタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本4060円〜(195/55R15 85V)

ATR SPORT2(エーティーアールスポーツツー)は、ATR SPORTの総合性能を継承しながらも、静粛性、ウェット性能、ハンドリング性能、直進安定性をアップデートしたタイヤ。

口コミをみると、BS製POTENZAと比較しても遜色ないとのコメントや、ハイパワー車への装着でもしっかりとグリップしてくれるなど高評価も多いが、中には評価の低いコメントもあり、ウェットグリップがATRSPORTから進化していないとのコメントも見受けられました。

次の動画はATRSPORT2を装着するドリフトユーザーのインタビュー動画です。極限走行を繰り返す彼らの生の声は信頼性の高い内容です。

ATR SPORT2の販売ページはこちらをクリック

ATR SPORT 123S

ドライグリップに注力したスポーツタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本5000円〜(185/55R15 82V)

ATR SPORT 123S(エーティーアールスポーツ ワンツースリーエス)は、ドライグリップに力を注いだスポーツタイヤです。

サーキットでのスポーツ走行を意識した設計により、強力なドライグリップ力を武器に旋回性能と駆動力の向上を実現。

そのグリップ力に高評価を与えるユーザーも多いのですが、タイヤ磨耗スピードが早いのでサーキットで装着するにはコスパが悪いタイヤとして認知するユーザーも多いようです。

ATR SPORT 123Sはスポーツ走行用として開発されており、乗り心地や静粛性が悪く日常使いで装着するタイヤではありません。

購入の際は自身の目的を確認してから購入する事をおすすめします。

ATR SPORT 123Sの販売ページはこちらをクリック

ATR-K SPORT

ストリート向けのカジュアルスポーツタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本4840円〜(165/55R14 72V)

ATR-K SPORT(エーティーアールケースポーツ)は、サーキットユースを前提として開発されたハイグリップタイヤです。

取り扱いサイズも幅広く軽自動車から大型車まで網羅しています。

その評判はATR SPORT123Sよりも高く、特にドライグリップの食いつきが良いとの声が多かったですが、その分燃費や耐久性には不利なタイヤとも言え、スポーツ走行次第ではタイヤ寿命が1日しかもたない可能性もある、ある意味使い捨てタイヤともいえます。

ただし、スポーツ走行前提のATR-K SPORTユーザーは燃費や耐久性を気にする事は無いと思いますので、評価に値しない項目かもしれません。

このタイヤもATR SPORT123S同じく街乗りには向かないタイヤと言えるでしょう。

ATR-K SPORTの販売ページはこちらをクリック

NANKANG TIRE(ナンカンタイヤ)台湾

NANKANG(ナンカン)は台湾のタイヤメーカーで、創業は1959年と約60年の歴史をもつタイヤメーカーです。

アジアンタイヤメーカーの中でも知名度が抜群で、モータースポーツを始めとして多くのシーンをサポートし、その影響力は年々高まっています。

タイヤとしての世界的評価も高く、現在までに世界170カ国での販売実績をもち、国際的な賞を受賞するなど、数多くの実績を持つのも特徴の一つです。

正にキングオブアジアンタイヤと言えるでしょう。

ナンカンタイヤの口コミ・特徴は?価格が安い通販先はどこ?

「ナンカン(NANKANG)」の本社は台北市南港区。生産国も台湾で、1959年に創業した約60年もの歴史があるタイヤ製造メーカーです。 過去には横浜ゴム(ヨコハマタイヤ)と技術提携を結ぶなど、親日国台 ...

続きを見る

NS-2

ストリートにも対応した大人のスポーツタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本3370円〜(175/60R13 77H)

NS-2(エヌエスツー)は、ドライ&ウェットグリップに強いNANKANGの最高位に位置するスポーツタイヤ、応答性に優れており機敏な走行性能が持ち味。

過去にNS-2を装着したゴルフGTIに試乗したことがありましたが、快適性や静粛性はお世辞にも良いとは言えませんが、スポーツタイヤカテゴリー内で比較するならば納得できるレベル。

グリップに関してはセールストーク同様であり、グリップ力と粘りの限界点は高くは無いですが、限界ポイントの境目が判断しやすく非常に扱いやすいタイヤ性能でした。

街乗りでも楽しめるスポーティータイヤとしてはオススメの1本です。

NS-2の販売ページはこちらをクリック

NS-2R

スポーツ走行を意識したコスパ抜群のタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本4450円〜(155/65R13 73H(TREAD120))

NS-2R(エヌエスツーアール)は、トレッド面積を大きくすることでドライ・ウェットグリップを向上。

3本の縦溝効果で排水性を高め雨天時のコントロール性能も意識したタイヤです。

NS-2同様タイヤが流れるタイミングが明確で、なおかつコントロールしやすいタイヤとして評価されています。

価格と性能のバランスの良さも人気の理由ですが、日常使いでも対応できる使い勝手の良さも魅力の一つです。

NS-2Rの販売ページはこちらをクリック

AR-1

ストリート向けのカジュアルスポーツタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本8490円〜(175/50R13 72V(TREAD80))

AR-1(エーアールワン)は、サーキット走行を想定した、ドライグリップに強いハイグリップタイヤ。

走行ノイズや乗り心地の硬さなど、街乗りには完全に不向きですが、個人的には競技用途として活用したいタイヤの一つです。

ただ快適性を犠牲にしたことで強烈なドライグリップ力を備えており、国産ハイグリップタイヤと比較しても、ラップタイムを上回る実力を持つタイヤです。

AR-1の販売ページはこちらをクリック

NEXEN TIRE(ネクセンタイヤ)韓国

NEXENは韓国のタイヤメーカーで日本国内にも株式会社ネクセンタイヤジャパンを拠点として国内販売を後押しする。

世界の自動車メーカーの純正装着実績が多く、ヨーロッパでは、ポルシェ・アウディ・フォルクスワーゲン。日本国内では三菱自動車やスズキ自動車にも採用実績を持つ。

ネクセンタイヤ(NEXEN TIRE)の評判・評価は? お得な販売店はオートウェイでした。

ネクセンタイヤは、「フンアゴム工業社」として1942年に韓国で設立。1956年から韓国初の自動車タイヤ生産をスタートしました。以後70年間の歳月をかけ、磨きをかけた開発力、技術力をベースにタイヤの生産 ...

続きを見る

N9000

ストリート向けのカジュアルスポーツタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本8970円〜(245/45R18.Z 100Y XL)

N9000(エヌキューセン)は、ネクセン内ではスポーツプレミアムタイヤの位置づけとなり、ブリジストンで例えるとS001などのタイヤのポジション。

グリップ力にも定評があり、サーキットや一般道でもレベルの高い走行性能を保持しています。

ただしサーキット走行前提で開発されたハイグリップタイヤと比較すると、グリップ性能には物足りなさを感じるタイヤと言えます。

ですが、トータル性能は高いので、大型セダンやハイパワー車などと相性の良いタイヤと言えますね。

今回紹介するタイヤの中でも、タイヤの最安価格が他と比較して一番高価、金額の高さが性能面を表してるとも取れるタイヤです。

N9000の販売ページはこちらをクリック

NEUTON(ニュートン)シンガポール

NEUTON(ニュートン)は2006年にシンガポールで設立された新しいタイヤブランドです。

新しいとはいえ、世界80カ国以上での販売実績を持ち、その勢いはスピーディーで日増しにユーザーを拡大しています。

ユーザー拡大の大きな理由としては、販売会社がもつ流通ネットワークと、モータースポーツでのノウハウを活かした開発により、ユーザーが求めるバリューを提供しているからと言えます。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の評価レビューや口コミは?格安通販するならオートウェイがおすすめ。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の格安通販ページはこちらをクリック 投稿の目次(もくじ)です。 NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)のユーザー口コミ評判と評価レビューNEUTON TI ...

続きを見る

NT5000

安全性を意識したスポーティータイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本3590円〜(195/50R15 82V)

NT5000(エヌティーゴセン)は、排水性の高い4本の縦溝を設け、専用シリカを配合することでウェット性能を向上し、ハイドロプレーニング現象を抑えることに成功。

トレッドパターンも攻撃的なデザインを持ち、スポーティーな走りも意識しながら、安全性にも配慮したストリートを主軸としたスポーツタイヤと言えます。

19インチタイヤでも5000円台から販売されてますので、ドレスアップ車両にもおすすめできるタイヤです。

NT5000の販売ページはこちらをクリック

MAXTREK(マックストレック)中国

MAXTREK(マックストレック)は中国に本社を置く急成長中のタイヤブランドです。

特に技術力には力を入れており、メジャータイヤメーカーを眼中にいれた設備力には今後の成長が期待できますね。

中国国内はもちろんですが、米国や欧州の認証もクリアしており、その地域に合わせたタイヤを開発。

品質レベルはアジアンタイヤの中でも安定したレベルに向かってます。

MAXTREK(マックストレック)タイヤの評判・口コミは?格安通販するならオートウェイがおすすめ。

MAXTREK(マックストレック)は2006年に中国で創業した現在においては比較的若いタイヤメーカーです。後進メーカーゆえに最新設備への投資を積極的に行ってます。 世界基準のISO9001、ISO/T ...

続きを見る

INGENS A1

コンフォートとストリートが融合したタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本1890円〜(165/60R14 75H)

INGENS A1(インジェンス A1)は、絶対的な性能値が高くないタイヤですが、スポーティー30%、コンフォート70%のバランスで開発された、運転=楽しさ を感じることができるタイヤと言えますし、快適性や静粛性に寄せてきたギリギリのスポーツタイヤとも言えます。

カテゴリーを作るならばコンフォートスポーティータイヤと命名したいタイヤの一つです。

ユーザーの中にはドリフト走行やサーキット走行を楽しむ方も多く、使い勝手としては懐の広いタイヤですね。

INGENS A1の販売ページはこちらをクリック

PINSO(ピンソ)インドネシア

PinsoタイヤはATRと同じインドネシアのタイヤメーカーです。

その歴史は1978年から始まり、日本国内には2008年に初展開。

上陸して10年経過しますが、日本ではオートウェイが中心となり販売普及活動を推進しています。

Pinso(ピンソ)タイヤの評判・口コミは?格安通販するならオートウェイがおすすめ。

投稿の目次(もくじ)です。 Pinso(ピンソ)タイヤのユーザー口コミ評判と評価レビューPinso Tyres(ピンソ) K-SPEEDのレビューPinso Tyres(ピンソ) PS-91のレビュー ...

続きを見る

PS-91

攻撃的な雰囲気と実力を持つタイヤ

ドライ性能
ウェット性能
高速性能
静粛性
乗り心地
燃費性能
ライフ:耐久性
価格帯 1本3990円〜(195/50R15 85V)

PS-91(ピーエス キューイチ)は、街乗りにも対応したスポーティータイヤです。

トレッドパターンもv字型に刻まれており、スポーティーな雰囲気を醸し出しています。

トータル性能はバランスよく、スポーティーな運動性能+静粛性や快適性などが人気の要因となっています。

PS-91の販売ページはこちらをクリック

管理人
私が個人的に選ぶとすればATR SPORT2ですね。

私自身サーキット走行の機会が少なく、峠などのワインディングが好みです。

一般道走行でも耐えれる程度の快適性は維持しながら、スポーティー走行にも対応するところが私が選んだ理由です。

近年はハイグリップタイヤをお得に買える環境が整いました。

ブランドネームにこだわりが無ければ、アジアンタイヤの選択は決して間違いでは無いでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-アジアンタイヤメーカー, スポーツタイヤ
-, , , , ,

Copyright© タイヤの購入・持ち込み交換が安いのはオートウェイ通販だった(体験談) , 2019 All Rights Reserved.