NEUTON アジアンタイヤメーカー タイヤ

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の評価レビューや口コミは?格安通販するならオートウェイがおすすめ。

投稿日:2018年5月30日 更新日:

管理人
NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)を装着した方の評価レビューや口コミを調べました。

いい評価や悪い評価など様々な口コミがありましたので、少しだけまとめてみました。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の最安値豊富!タイヤ交換も一括お任せのオートウェイ

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)のユーザー口コミ評判と評価レビュー

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)NT5000の評価レビュー

ポジション的にライバルと言われるピンソタイヤと比べてみました、2000Km走行後のレビューです。

ハンドルコントロールのレスポンスはサイドウォールの剛性が弱い分なのか、テンポが一つ遅い感じ。

ウエット時も無茶な運転をしなければ何も問題ないですね。

街乗りメインの人なら満足できるタイヤではないでしょうか。

それにしても最近の輸入タイヤはメジャータイヤメーカーに追いついてきてますね。

価格と性能のバランスはGOODです!

NT5000の装着前はPinsotireを装着しておりそちらとの比較です。

■見た目
タイヤのバリ残りが多く、あまりいい印象は受けませんでした。走行性能に直結しないので良しとします。

■走行性
タイヤの成形精度が甘いのか、タイヤバランスが甘いのか、Pinsoと比較してハンドルが左に流れることが多い。

グリップ力は皮向け後に多少良くなりました。期待値より低い印象でしたね。乗り心地はそれなりですかね。

■燃費
一応スポーティータイヤなので良い燃費ではありません。
街乗り:1L/9.5km
高速:1L/11.3km
※データは同日快晴のコンディション

■総評
個人的な主観ですがNT5000のリピートは無いですね。前のピンソが好みでした。

ですが、価格がお手頃なので購入して損する様なタイヤでは無いと思います。

グリップ力がピカイチって訳でもないですが、砂を掴むグリップ力はあるみたいで、タイヤハウスが煩く感じます。

ですが、以前装着していたダンロップのDIREZZA DZ102よりはグリップがあると思います。

コントロールしやすいタイヤで、タイヤ鳴きもあまり目立たず、いいタイヤではないでしょうか。

走行距離が500KM超えたばかりなので、耐久性に関してはなんとも言えませんが、タイヤ交換の目安が1年と決めてる私からすれば十分耐久性はあると思います。

スポーツタイヤの割に乗り心地も良く、静音性も高くこの点は満足できましたね。

国内ブランドのスポーツタイヤは高額なタイヤばかりなので私にとっては大事なタイヤブランドになりそうです。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)NT8000の評価レビュー

ホイルも製造しているメーカーとのことで、イタリアのMOMOを勝手にイメージして購入しました(笑)

ニュートンは歴史が浅いとのことで、購入までに不安要素がありましたが、財布と相談してもコルサかニュートンかの2択でしたので、新しいブランドのニュートンを選びました。

印象としては可もなく不可もなし。

少しうるさいかなって感じですが、価格からすれば十分なレベルかと。

リムガード付きのタイヤなので、装着した時の見た目で好みが分かれると思います。

プリウスに装着。ロードノイズが目立ちます。

旋回時も安定性がなく、フラれる感じが気持ちわるいです。

同じインドネシア生産でも、ATRの方が静かで良いタイヤと思いました。

静粛性を期待していたので、NT5000にすれば良かったのかと感じてますが、タイヤ価格が安いので次の機会にでも試してみたいと思います。

管理人
若いブランドタイヤなのでレビュー数は少なかったですが、まだまだ発展途上のイメージをもちました。

ですが、国産タイヤの同一カテゴリータイヤと比較しても、コストパフォーマンスが高いレビューもあり、装着しても後悔することは少ないタイヤと言えるでしょう。

タイヤラインナップもまだまだ少ないので、日本のユーザーに満足してもらえるタイヤ開発を期待しています。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の最安値豊富!タイヤ交換も一括お任せのオートウェイ

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の特徴は?

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)は2006年にシンガポールに設立された。若いタイヤメーカーです。

製造国はインドネシアですが、商品企画や開発をおこなうの大元の会社は、シンガポールのYHIインターナショナルという会社。

聞き覚えがあまりないであろう、タイヤブランドと思いますが、この会社はフォーミュラレースやモータースポーツに積極的に参加している会社で、その実績を基礎としてNEUTON(ニュートン)タイヤの企画開発を行っています。

また、YHIインターナショナルはNEUTON(ニュートン)タイヤ以外にも、多くのタイヤメーカーを取り扱うタイヤサプライヤーでもあります。

《日本タイヤメーカー》横浜ゴム、ニットータイヤ。

《アジアンタイヤメーカー》ナンカン、ネクセン、ロードストーン。

《ヨーロッパタイヤメーカー》ピレリ。

などなど

この様に、多くのブランドの流通ネットワークを持つYHIインターナショナルが開発するタイヤだけに、新興メーカーとはいえタイヤ製造屋とは違う切り口を持ち、良質なゴムの生産国インドネシアが生み出すNEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)は、現在では世界80カ国以上に流通しており認知拡大を続けています。

タイヤ通販大手のオートウェイでも、2018年1月より正規販売をスタートしたばかりの取扱タイヤになります。

価格と性能のバランスがドリフトユーザーに高い評価を得てるとの口コミもちらほら見かけました。アジアンタイヤでいえば、ATRやRADERのライバルとなる、タイヤブランドに成長するんではないでしょうか。

日本国内でのラインナップは、高性能スポーティータイヤ「NT5000」コンフォートタイヤ「NT8000」のサマータイヤ2銘柄のみ。残念ながらスタッドレスタイヤは取り扱いがありません。

他の地域では、SUV向けに開発された「NS1000」も販売されていますが、現時点では国内正規購入は難しい状況です。NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の今後に期待です。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の最安値豊富!タイヤ交換も一括お任せのオートウェイ

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)のライバルタイヤは?

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)と同ランクのタイヤといえば、RADER(レーダー)MINERVA(ミネルバ)ATR(エーティーアール)などがライバルタイヤとなります。

少し価格帯があがりますが、メジャータイヤメーカーと比べても、性能は同等で価格は半値に近い、NANKANG(ナンカン)NEXEN(ネクセン)もオススメです。

この5メーカーの口コミや評価レビューをまとめましたので、気になるあなた!ぜひ一読下さい。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の通販ラインナップ

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)NT5000


NT5000(エヌティーゴセン)は、サイドウォールの剛性を鍛え上げ、ハンドル応答性を向上。デザインも現代的でリムフランジガードがホイル損傷を守ります。トレッド部にも4本の幅広縦溝がウエット路面をしっかりとグリップすることで、安定性の高い走行を実現。結果、排水性が向上し、ハイドロプレーニング現象を抑えることが可能に。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の最安値豊富!タイヤ交換も一括お任せのオートウェイ

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)NT8000


NT8000(エヌティーハッセン)は、ナチュラルドライビングを実現するスムーズな走行性能をもつタイヤです。非対称のトレッドデザインが、トラクションの向上と素直なハンドリング性能を実現。また、独特のブロックと5つのピッチ変化を持つサイピングにより、ノイズを放射することでロードノイズを低減しています。

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)の最安値豊富!タイヤ交換も一括お任せのオートウェイ

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)インスタグラム投稿

Have you bleed you brake oil? #ej207 #sti #brembo #neutontires

Panda Mokさん(@kremzeetoys)がシェアした投稿 -

New shoes. #tuff#neutontires#bccchromewheels#newlook#17"

Ri Gil M. Ilaganさん(@ligir_)がシェアした投稿 -

タイヤ交換を安く手軽に済ませる方法

タイヤの寿命を迎え、そろそろタイヤ交換を検討しているかと思いますが、タイヤ交換には時間とお金が掛かってしまいますよね。可能であれば、良いタイヤを安く交換したいのが本音ではないですか?

良いタイヤ選びはとても大切な事ですが、これは「有名ブランドタイヤ=良いタイヤ」と言う訳では無く、「自身の走行環境にマッチするタイヤ」が何よりも優先されるタイヤと言えます。

最近ではアジア各国のタイヤメーカーの品質が向上しており、アジアンタイヤと呼ばれるタイヤも、高級自動車メーカーの純正装着タイヤに選ばれたり、モータースポーツシーンで選ばれたりと、高い品質と人気を誇るタイヤへと成長してきました。

実際に横浜ゴムは、アジアンタイヤメーカーと言われるハンコックと技術的な協力関係を結んでいた事もあり、医療ワードで言うならばジェネリック的なタイヤと言ってもおかしくないでしょう。

このアジアンタイヤですが、オートバックスなどの量販店でも販売してますが、これはオートバックスのOEM商品だったり、アジアンタイヤの取り扱いブランド数が極端に少なかったりと、タイヤの選択肢が少ないのが残念です。

でもネットタイヤ通販なら、国内タイヤメーカーやメジャータイヤメーカーはもちろん、アジアンタイヤのブランド数を数多くラインナップ。

タイヤ購入から取り付けまでのサービスも実施しており、僅かなクリックで簡単手配完了です。

輸入タイヤ・国産タイヤの最安値豊富!タイヤ交換も一括お任せのオートウェイ※国内No1タイヤ通販ショップ

タイヤの購入資金は「自動車保険の見直し」で増やせます。

タイヤ交換って大体の方が突然やってきますよね。

その時にタイヤ購入資金があれば問題ありませんが、もしかすると資金が足りないかもしれません。

そんな資金不足を解決してくれるのが自動車保険の見直しです。

最近ではネット経由で自動車保険の各社見積もり比較ができるようになりました。

そのおすすめ出来る見積比較先は 自動車保険無料一括見積もり「保険スクエアbang!」

比較見積りは、現在加入してる自身の自動車保険が高いのか?安いのか?を判断する事が、完全無料で簡単。

貴方の保険料が高ければ保険料を年間最大50,000円安くする可能性もあります。

「保険スクエアbang!」は

僅か3分で見積申込みが完了
最大17社の無料自動車保険一括見積もりサービスが可能

登録後はメールと郵便物での営業のみで、めんどくさい電話営業や対面営業をされることは全くありません。

わずか3分で数万円お得になれば、

タイヤの購入資金に回すことや、

グレードの高いタイヤを装着して快適性を体験する事も可能ですし、

さらに保険の見直しにもなり、一石二鳥ですね。

【完全無料】僅か3分の自動車保険比較見積もりでタイヤ購入資金を増やせる。

おすすめ記事【必読】

1

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

2

投稿の目次(もくじ)です。 タイヤ通販する時の、評価するポイントと注意点。タイヤ通販の注意・評価する4つのポイント詐欺サイトの口コミ、偽サイトを発表します。詐欺サイト?「みんカラ」の体験口コミ偽サイト ...

3

投稿の目次(もくじ)です。 ミシュランタイヤを格安購入するために、タイヤ通販を体験しました。タイヤ持ち込み取り付け交換ができる整備工場を探しました。自宅近くの整備工場をさがしました。タイヤサイズの調べ ...

4

投稿の目次(もくじ)です。 タイヤピットとは?タイヤピットのタイヤ交換基本料金は?タイヤピットの利用方法は?タイヤ取り付け加盟店を探す。タイヤを注文する。タイヤを取り付けるタイヤピット利用者の口コミ低 ...

5

オートウェイの会員登録は簡単でした。 オートウェイでタイヤを購入する前に、無料新規会員登録をお勧めします。 会員がオートウェイで購入した際は1ポイント=1円換算でポイント加算されますし、商品レビューの ...

-NEUTON, アジアンタイヤメーカー, タイヤ

Copyright© タイヤの購入・持ち込み交換が安いのはタイヤネット通販だった(体験談) , 2020 All Rights Reserved.