バイク用品 体験談

PACKTALK SLIM JBL を取り付け装着した個人的レビュー評価

投稿日:2021年4月27日 更新日:

リターンライダーの管理人は、バイクを購入したものの改造に時間がかかり、執筆時点で既に4ヶ月も経過。こうして待つ事4ヶ月の間に、バイク情報を収集するじゃないですか、すると次から次に物欲が湧いてくるんですね。

そんな数々の物欲の中で特に満足したのが、流行りのインカムの最高峰ともいわれる「カルド パックトークスリム」でした。PACKTALK SLIM JBLの個人的評価を結論から言うと大満足のインカムで、点数に表すと100点満点中93点。

100点満点の商品など、ワンオフパーツでしか再現できないと思います、そんな中93点をつけた理由として、「PACKTALK SLIM JBL」の個人的レビューをまとめてみましたので、「カルド パックトークスリム」を検討してる方の参考になれば幸いです。

PACKTALK SLIM JBLは楽天ポイント貯まります

PACKTALK SLIM JBLのメリット

装着するヘルメットはアライのラパイドネオ。インカムとしての性能や通話能力など個人的に大満足してますが、その中でも特に満足度の高い項目をお伝えします。

管理人がラパイドネオを選んだ理由は下記記事にて

ネオクラヘルメット比較!リターンライダーがラパイドネオに決めた評価レビュー

ヘルメットの話が似合わない当ブログですが、管理人が十数年ぶりにリターンライダーとして復活を目指し大型自動二輪免許を取得中です。今後はバイク情報も少しづつ発信していきたいと思います。 バイクに乗るとなる ...

続きを見る

目立たない

名前のごとく、とにかくコントローラーが薄い。ヘルメットの帽体フチにハメ込む様に取り付ける事ができるので、ヘルメットのラインを邪魔しません。

取り付け位置とヘルメットの形によっては、正面から見るとインカムを取り付けている事が目視できない程隠れます。

音質が良い

カルド社は高性能音響メーカーであるJBL社と共同開発した、ヘルメット専用のスピーカー及び音質チューニングを施した、バイクに最適化された音質環境を実現。

ヘッドフォンやイヤホンの様に耳に直接スピーカー本体が触れないので、装着ストレスがゼロであり、耳への音の伝わり方が極自然。

また、音質も3パターン内蔵されており、高音、低音、スタンダードと、シンプルに切り替える事が可能です。

この違いは切り替えるとハッキリ感じるレベルであり、低音に関しては耳元付近で音圧を感じる事ができます。

専用アプリでコントロールも可能

スマホアプリと連動する事で、細かな設定や通常コントロールも可能です。

スマホの画面を見ながら扱う事ができるので、視覚的にも直感的にも明確に操作できる。

PACKTALK SLIM JBLは楽天ポイント貯まります

音声認識でスマホも快適操作

音声認識の精度が高く、8090%ははっきりと認識します。

管理人はiPhoneと接続しているが、Siriへの反応や、登録したショートカットなどもスムーズに反応してくれるので、走行中の電話発信や各種コントロールも用意です。

FMラジオ標準装備

PACKTALK SLIM JBLは、FMラジオの受信が可能で、こちらも音声コントロール並びに、コントローラーでのスイッチコントロールも可能です。

ラジオ局の登録も複数可能だから、他県エリアの好きなラジオ局を登録する事もできます。

最大1週間の待機時間と13時間通話の長持ちバッテリー

一度の満充電で最大1週間の待機時間があり、13時間通話可能だから、連泊のツーリングも可能ですし、充電もUSBケーブルでできるので、アダプターがあれば直ぐに充電できます。

マイクはヘルメットに合わせて2つ付属

管理人のヘルメットはフルフェイスですが、ジェットヘルメットも検討しています。

そんな時に、マイクが2種付属してあると、インカムの移動の手間が少なくて済みます。

付属のマイクはフルフェイス用の直径1cm程度の小型マイクと、ジェットの様なオープンヘルメットに取り付けれる、アームが伸びたマイクの2つが付属されています。

インカムの通信能力が高い

PACKTALK SLIM JBLはブルートゥース通信に加えて、ダイナミックメッシュコントロール(DMC)という新しい通信規格を実装。ブルートゥースは切断されると接続に手間がかかるが、DMC通信は、各自が自由に動き回っても通信は切れず、再び合流すると自動的に接続復帰する新時代の通信システムといえる。

もちろん他社のインカムとの接続も可能です。

PACKTALK SLIM JBLは楽天ポイント貯まります

カルド パックトークスリムのデメリット

正直言って、深刻なデメリットはありませんし、個人的には満足していますが、客観的にみたデメリットをお伝えします。

コントローラーと本体が別

カルド パックトークスリムは、本体とコントローラーを別体にする事で、スリム化を実現したインカムです。

管理人のヘルメットである、ラパイドネオには装置出来ましたが、他のヘルメットによっては、取り付けが厳しいヘルメットもあります。

スピーカーの厚み

スピーカー厚みはわずか6.5mm。決して厚く無いのですが、ラパイドネオのチークパッドには、スピーカーを取り付ける窪みがありますが、そこにセットするだけでは、頭に接触して装着できませんでした。

最終的には、チークパッドに加工を施して取り付けが出来ました。管理人の頭周囲が63cmあるので、小さい頭の方は何ら問題はないかもしれません。

PACKTALK SLIM JBLのまとめ

PACKTALK SLIM JBLは本当にスリムで収まりも良いインカムですが、もう少し小さくなる事で装着性や快適性などが期待できると思います。

しかし、執筆時点で最もスリムなインカムは、カルド社のパックトークスリムです。冒頭で93点とお伝えしてましたが、更なる小型化に期待を込めての93点となります。

また、インカムとしての機能は十分に持ち合わせています。インカム購入に悩まされる方、金額は少々お高いですが価格以上の満足感を得られますし、音質が良いことから音楽を楽しみたいユーザーにはPACKTALK SLIM JBLは一押しです。

皆さんのバイクライフの参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-バイク用品, 体験談

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2021 All Rights Reserved.