自動車保険

免許取得後すぐ運転したいなら自動車保険はマジ必須

投稿日:

運転免許取ったらすぐ運転したいですよね!管理人が中型中形バイク免許取得したのが17歳でしたが免許取得日に併せて納車してもらいました。

免許取得中はまだ見ぬ楽しみや思い出作りを夢見て、一生懸命頑張って教習を受けていました。とにかく楽しい妄想が沢山浮かんでくるんです。

この記事を見ている方は、運転免許を間も無く取得する方、免許を取りに行きたい方などが多いと思いますが、免許を取得するということは、将来的に交通事故などのリスクが絶対につきまといます。

実際に管理人も交通事故の加害者被害者を経験しており、その時は大変な思いをしました。

免許を取得して間もない初心者は、運転に自信がない・交通の流れに馴染めない・無駄に運転に自信があるなど、自然体で運転をしているつもりでもどこか無理してるものです。

その無理が祟って、交通事故や接触やルール違反などを起こしてしまい、結果的に自分だけに留まらず他人にも迷惑をかけることになります。

事故が起こったことは仕方ない事としても、相手が死亡したり後遺症が残ったりした場合どの様に責任を取れるでしょうか?治療費、慰謝料、賠償金など莫大な金額になった時にお金を支払う事ができるでしょうか?

その様な究極の場面で必要なのが自動車保険です。

初心者が起こした痛ましい事故事例

初心者運転による無謀な事故や不注意などによる悲しい出来事があります。

この様な悲惨な目に遭わない様、戒めを込めて紹介しておきます。

18歳無謀運転により2人死亡

201912月、運転免許を取得したばかりの当時18歳少年の無謀な運転により、同乗した友人2人が死亡。

制限速度40km区間を118kmの猛スピードで走行し、ハンドル操作を誤りガードレールとショベルカーに追突し、同乗者3人が死傷した。

1人は頭部をえぐられて、脳が半分欠落した状態で即死する、猛烈に痛ましい事故でした。

裁判では、当時18歳少年が、スピードが速い運転を皆に誇示するためにわざとスピードを出したと判断され、当時18歳だったにも関わらず懲役刑を課せられました。

男子高校生のスピード出し過ぎにより医師死亡

20193月コンビニ敷地内駐車場を歩いていた男性医師に、高校生が運転する軽自動車が突っ込み、心臓破裂により死亡しました。

男子高校生は20192月に免許を取得したばかりの初心者にも関わらず、スピードを出し過ぎた事による運転ミスで殺人を犯します。

男子高校生に悪気は無かったとしても、運転により人を殺してしまったことは、今後の人生の重荷となりますし、亡くなった医師のご家族や患者さんの気持ちを察すると、言葉が見つかりません。

初心者男子大学生スピード出し過ぎで同乗女性頚椎損傷で四肢麻痺

201910月、当時19歳男子大学生が運転する乗用車が、150kmのスピードから100kmに減速して、一般道のカーブを曲がろうとしたものの横転して大破。

同乗していた助手席の男性と、後部座席の女性を大怪我させた。

女性は特に被害が大きく、頚椎損傷による四肢麻痺となり、歩くことはもちろん、会話や食事、排泄など介護がないと出来ません。

この事故の運転手の19歳男子学生は、買ったばかりの車の性能と、自身の運転技術を見せつけるために無謀運転し、結果として他人を絶望の淵に追い込みました。

管理人
免許取得したばかりの初心者は、若年層の場合、無謀な過ちにより、悲惨な事故を起こす可能性が高いです。また、運転技術が未熟な為、軽微な事故から大きな事故まで起こしてしまう可能性があります。

管理人
免許を取得したら直ぐに運転したい気持ちは十分理解できますが、運転してするならルール遵守と、万が一の自動車保険は必須ですね。

\交通事故のリスクをカバーするのが自動車保険/

 

事故を起こしてしまったらどうなる?管理人体験談

管理人が19歳を迎えた大晦日に、某県の県道を車で走行中に人身事故を起こしてしまいました。

事故の内容としては、夜間走行中に道路脇の植栽を突き破った自転車が横から突っ込んできて、自転車を運転する70代男性を跳ね飛ばしてしまったのです。

私自信、車の運転免許取得後1年程の初心者で、まさか人が飛び出してくるとは思わず脇見運転してしまいました。

ほんの僅かな時間だった記憶ですが、その僅かの間に自転車が植栽を突き破って突っ込んできたのです。

相手の70代男性は泥酔状態であり、突き飛ばされた後に起き上がり現場を立ち去ろうとしました。

しかし、警察と救急に連絡済みであり、第一に怪我の状態が心配だったため、説得して救急を待ち搬送されました。

怪我の状態は軽症だった為、大事には至りませんでした。

私自身、脇見運転をしていたのですが、相手も飲酒運転であり、通常では予想出来ない事故検証結果だった為、罰則などは無かったのですが、相手の治療費や壊した自転車、老眼鏡など、大きな金額を支払うことになりましたが、自動車保険の補償により賠償されました。

保険に加入してなければ、掛かった費用は全て自腹、壊れた車の修理代も全て自腹、この様に大きな負担が舞い込んでも、当時19歳の私には何も出来ません。

事故を起こしたショックで、しばらく運転が出来ませんでしたし、加害者として責任を感じ、生きた心地がしない日々を過ごしました。

しかし、そこで学んだことは、安全運転の徹底と目視での状況確認など、事故を起こさないための運転を身をもって学んだ事です。

その当時は他人様に多大なる迷惑をかけてしまいましたが、事故を起こして以来同じ事を繰り返さぬよう気をつける様になりました。

もし自動車保険に加入しておらず、今回のケースと比較できない重大な事故を起こしてしまってたら、同じ様な考えには至って無いかもしれません。

本当に自動車保険に加入してて良かったと感じた出来事でした。

自動車保険はどこがおすすめ?

自動車保険は損害保険会社から多くの商品がでており、どの保険商品が良いか迷いますよね。

特に免許取得後の初心者や若年層は、自動車保険の等級により保険料が高めに設定されています。

所有する車によっても保険価格が違ってきますので、どこの保険会社が一番相応しい保険かは見積もりを取得してみないとわからないんです。

自動車保険の見積もりを取得するとはいえ、どこに相談すれば良いかわからない、保険の営業マンがウザいなど、不安を感じていると思います。

そこでおすすめなのが、自動車保険の見積もりを複数社一括で取れるネットサービスです。

現時点で車を所有しており、自動車保険に加入してない方には絶対見積もりだけでも取得して欲しいです。

見積もりは完全無料で営業連絡はメールのみたがら鬱陶しい思いはありません。

自動車保険の比較見積もりサービスを提供する「保険スクエアbang!」なら、大手自動車保険会社最大17社の比較見積もりをスマホやインターネットによる無料申し込みで確認できます。

手元に車検証と免許証を準備してスマホやパソコンで情報入力するだけ。時間にして35分くらいです。

事故を起こしてからでは遅いです!事故の内容によっては人生を狂わせます!!この機会に自動車保険の加入を強くおすすめします。

\たった5分で自動車保険の最安値がわかる/

 

車のトラブルはロードサービスよりもJAFが手厚い?

自動車保険のロードサービスでは対応できないこともJAFなら対応してくれます。当ブログでJAF入会のメリットとデメリットを詳しく解説してますので、お時間ある方はぜひご一読ください。初心者だからこそJAF入会はおすすめですよ。

JAF年会費はいくら?無料の裏技や会員メリット口コミまとめ

JAF(ジャフ)一般社団法人日本自動車連盟は、知る人ぞ知る自動車及びバイクなどに関する業務や、トラブルによる緊急サポートを行う団体です。 その設立は1963年と50年以上の歴史を持ちます。今回はJAF ...

続きを見る

-自動車保険

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2022 All Rights Reserved.