DUNLOP 国産タイヤメーカー

DUNLOP VEURO (ダンロップ ビューロ)VE304はウェット性能最高評価。口コミや評判を調査。

投稿日:2020年2月21日 更新日:

ダンロップ(住友ゴム)より、最高レベルのウェット性能を持つ新作タイヤ、VEURO (ビューロ)VE304をリリース。今回はその特徴と評判を調べてみました。

VEURO (ビューロ)VE304の特徴は?

VEURO VE304のポジショニングは、プレミアムコンフォートタイヤ。

プレミアムだけあり、高次元の静粛性とコントロール性を重視しており、ウェット性能評価に於いても、64サイズ中63サイズが最高レベルを獲得するなど、快適と安全を両立するタイヤとして評判です。

VEURO(ビューロ)VE304の静粛性の評判は?

ダンロップ(住友ゴム)のタイヤ技術の1つである特殊吸音スポンジ「サイレントコア」の採用で、タイヤから発する雑音を抑える事で、静粛性のレベルを高めている。

加えて、今回初採用の「3D波型グルーブ」により、トレッドから発生する雑音を24%抑制。溝内部で発生する音のエネルギーで吸収し、パターンノイズを24%低減。

※数字や性能は従来品VE303との比較

VEURO(ビューロ)VE304のコントロール性の評判は?

タイヤは真円に近いほど、最大限の効果を発揮するが、VEURO(ビューロ)VE304には、タイヤ振動を抑える効果のある、素材をトレッド面に収めることで、タイヤの振動を29%低減している。

トレッド剛性の強化により、旋回中のタイヤ変形を支配する事で、繊細なコントロールにタイヤがしっかり反応。

レスポンスよく、意思疎通しやすいコントロール性を得ており、走行性能のレベルを一段上げたと言って良さそうです。

※数字や性能は従来品VE303との比較

VEURO(ビューロ)VE304のウェット性能の評判は?

VEURO(ビューロ)VE304のサイズラインナップは64種ですが、内63種のタイヤが、ウェット性能評価aを獲得。

また、ウェット性能を長期間に渡って維持するために、水素添加ポリマーを配合。ウェットブレーキの性能低下率が14%向上した事で、安心がより長続きします。

ウェット性能評価とは、タイヤのラベリング制度に基づいた評価値であり、ウェット性能評価aは、その中でも最高評価です。

近年では豪雨災害など、雨の日を意識しないといけない環境の影響により、タイヤメーカー各社もウェット性能を意識したタイヤを発表していますが、今回のウェット性能評価a63種も準備してきたのは、ダンロップ(住友ゴム)の、ウェット性能を意識したタイヤに力を入れていくというメッセージとも取れますね。

※数字や性能は従来品VE303との比較

VEURO VE304最安はパンク保証付きのタイヤフッド

VEURO(ビューロ)VE304を見学してみた。

VEURO(ビューロ)VE304の発売してしばらく経過しますが、ようやくオートバックスなどの量販店に陳列され始めました。今回実物をチェックしてきましたので、個人的感想と写真を紹介します。

まずはトレッド面、高性能タイヤの代名詞と言える、左右非対称トレッドデザインを採用。これにより、タイヤライフの向上と安全性能が長く続くことに。

また、最上級の静粛性・快適性を謳うなど、ライバルのレグノに対しても引けを取らない表現で、タイヤ本体の信頼性が高く感じます。

VEURO(ビューロ)VE304の、特に優れた点は殆どのタイヤサイズにおいて、ウェット性能評価が最高ランクのaを獲得していること。

この秘密は、ウェット性能を長続きさせる水素添加ポリマーと、3D波型グルーブを採用により実現した。

ウェット性能の高いタイヤは存在してますが、訴求として、その性能が長続きするとハッキリ告知する点も、DUNLOPの自信の表れと言える。

VEURO VE304最安はパンク保証付きのタイヤフッド

VEURO(ビューロ)VE304のサイズと価格は?

サイズは15インチから21インチまでで、全64サイズの展開。価格はオープン価格との事。

VEURO(ビューロ)VE304 30・35・40・45・50・55 シリーズ

インチタイヤサイズ燃費性能ラベリングウエット性能ラベリング
16インチ205/55R16 91VAa
17インチ235/55R17 99WAa
225/55R17 97WAa
215/55R17 94VAa
205/55R17 91VAa
225/50R17 94WAa
215/50R17 91VAa
205/50R17 89VAa
245/45R17 99WAa
225/45R17 94WAa
215/45R17 91WAa
205/45R17 88WAa
18インチ235/55R18 100VAa
225/55R18 98VAa
215/55R18 95VAa
245/50R18 100WAa
235/50R18 97WAa
225/50R18 95WAa
245/45R18 100WAa
235/45R18 98WAa
225/45R18 95WAa
215/45R18 93WAa
255/40R18 99WAa
245/40R18 97WAa
235/40R18 95WAa
225/40R18 92WAa
255/35R18 94WAa
19インチ235/55R19 101WAa
225/55R19 99VAa
245/50R19 101WAa
245/45R19 102WAa
225/45R19 96WAa
275/40R19 105WAa
255/40R19 100WAa
245/40R19 98WAa
235/40R19 92WAa
225/40R19 93WAa
275/35R19 100WAa
265/35R19 94WAa
255/35R19 96WAa
235/35R19 91WAa
20インチ235/55R20 102VAa
245/45R20 99VAa
275/40R20 102WAa
245/40R20 99WAa
275/35R20 102WAa
255/35R20 93WAa
245/35R20 95WAa
275/30R20 97WAa
21インチ245/40R21 96WAa
275/35R21 99WAa

VEURO(ビューロ)VE304 60・65 シリーズ

インチタイヤサイズ燃費性能ラベリングウエット性能ラベリング
15インチ205/65R15 94HAa
195/65R15 91HAa
185/65R15 88HAa
16インチ215/65R16 98HAa
215/60R16 95VAa
205/60R16 92HAa
195/60R16 89HAa
17インチ225/65R17 102HAa
225/60R17 99HAa
215/60R17 96HAa
18インチ235/65R18 106VAb
235/60R18 103VAa
225/60R18 100HAa

VEURO(ビューロ)VE304の口コミ評価は?

現在発売前となり、口コミ評価は確認できませんでした。口コミが確認でき次第まとめますので、もうしばらくお待ち下さい。

ようやく口コミがちらほらしてきました。下記はオンライン上で投稿された口コミとなります。

my F31の新しいタイヤは、流通在庫(ダンロップはかなり早くから生産・在庫調整をしていたようで、わたしがタイヤ屋さんに尋ねた時には既にVE303のメーカー在庫なし)、および価格面(VE304は出たての新型にもかかわらず思ったよりリーズナブル)などを考慮して、ダンロップの新型プレミアムコンフォートタイヤであるVEURO VE304 205/65R15となりました。

7年落ちの前タイヤと比較するのも何ですし、まだ高速も雨の日も走ってはおりませんが、ひたひたとした路面のグリップ感が心地良いですし静粛性もユニフォーミティも良好、バネ下がドタドタする感じもなく、近年発売のコンフォート系タイヤ全体の傾向として心配していたサイドウォールの軟らかさについても特に腰砕け感など感じることはなく、総じてとても良いタイヤのように思われます。価格もリーズナブルですし。

2013年頃のダンロップ 製品ではサイドウォールのひび割れ現象がよく見られたようですが(以前メガーヌに履いていたルマン4もそうでした)、現在メガーヌに履いているルマン5にはそのような徴候はなく、おそらくはその点も大丈夫ではないかと・・・

まだ高速/ウエット特性を確認していない事、あと、サイドウォールのきわめて独特なデザイン(これも性能に寄与しているのでしょうが)がF31にあまり似合っていない(笑)点を考慮し、上の5つ星は実際は4.8つ星としてお考え下さいませ。もう少し走りこんだらまたレビューしたいと思います。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/549571/car/924050/10349417/parts.aspx

平成10年式スカイラインクーペです。スタッドレスからラジアルへの履き替えのタイミングで、交換しました。
「静かで乗りごごちのいいタイヤ」を求めて、これまでにいくつかのコンフォート系のタイヤを履いてきました。
今回、購入にあたり、ブリジストン レグノ、ヨコハマ アドバンdB、ミシュラン プライマシーなどと比較・検討しました。決め手は、1.最新のモデルであること、2.転がり抵抗性能が「A」で、ウェット性能が「a」であること、3.価格が手頃であること でした。
これまでに履いたコンフォート系のタイヤの第一印象は「期待したほどでもないな・・・」でしたが、ダンロップ ビューロは乗った瞬間から「いいんじゃないの」と感じられるタイヤでした。本当に「静かで乗り心地がいいタイヤ」だと思いました。
週1回、高速道路を使います。春の天気は変わりやすいので、雨の日の高速走行が心配です。ウェット性能「a」に期待します。また、燃費も気になるところです。転がり抵抗性能が「A」にも期待します。

引用元:https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001225896/SortID=23329970/

自動車保険の見直しで年間50000円お得になる人も!

自動車保険をお得に賢く選ぶためにサクッと完了できる、完全無料一括見積もりをおすすめしています。

このサービスは、自動車保険会社複数社の保険料見積もりを1回で取得できるサービスです。
現在加入してる自身の自動車保険が高いのか?安いのか?を判断する事が簡単です。

自動車保険は契約者の年齢や所有する車、補償内容に合わせて保険料金が決まるので、どこの保険が一番安い(良い)とは言えないんです。
だから貴方にとっての最安保険会社を探すには、複数社より見積もりを取得する方法しかありません。

貴方の保険料が高ければ保険料を年間最大50000円安くするきっかけになることでしょう。
そのおすすめ出来る見積比較先は 自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」

僅か3分で見積申込みが完了
最大17社の自動車保険一括見積もりサービスが可能
見積完了後の電話営業や対面営業なし。

だから簡単に安心して一括見積もりが取得できます。
わずか3分で数万円お得になれば、大切な人との思い出作りや趣味への投資に回す事も可能です。

もちろんVE304の購入資金にしてもOK。

自動車保険を見直すなら、この機会に見積もり比較をしてみませんか?

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-DUNLOP, 国産タイヤメーカー

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2021 All Rights Reserved.