サブスクリプション

RAIZE(ライズ)新車 KINTOと購入安いのはどっち?コストを比較してみた

投稿日:2021年8月5日 更新日:

トヨタのRAIZE(ライズ)は、5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2019年11月5日発売され、2020年には販売台数上位をキープする人気車両です。

近年メーカーコラボ車として、トヨタ86/スバルBRZ のような兄弟車が増えてきましたが、RAIZE(ライズ)はダイハツとトヨタが共同開発しており、軽自動車を主力とするダイハツの技術力と、グローバル展開が強みのトヨタがタッグを組んだことで話題となってましたね。

コンパクトな車体だから、日常の運転もしやすく、搭載されるエンジンも1リッターターボで最大出力98PS、最大トルクは14.3kgf・mと、1.5リッタークラスの動力性能を有しながらも、燃費はWLTCモードで1リッターあたり18.6kmの燃費を実現し、走りも燃費も両立した走行を期待できる。

RAIZE(ライズ)の価格帯は1,679,000円(税込)2,282,200円(税込)とグレードにより60万円程の価格差があります。

そんなRAIZE(ライズ)を新車で購入したくとも、最大228万円もの車両費用に加えて、車検や税金、自動車保険、タイヤ、バッテリーなどのメンテナンスや、急な故障など、車両代以外にもランニングコストも多くかかってきます。

この様にRAIZE(ライズ)の新車を購入しても、毎月の支払いに追われ楽しいはずのカーライフが半減してしまったら残念ですよね。

でも最近は新車のRAIZE(ライズ)を手に入れる選択肢が増えており、ディーラーで車を買わずに車のサブスクとしてカーリースを利用する方も増えてます。

今回はRAIZE(ライズ)の新車を「トヨタ系ディーラーで買う場合」「トヨタが運営する自動車サブスクカーリースのKINTOで利用する場合」の費用比較や口コミ評価、メリットデメリットなどを調べてみました。

管理人
RAIZE(ライズ)には複数のグレードが存在しますが、今回「Z ガソリン/1.0L/CVT/2WD FF/定員 5名」をディーラーで新車5年ローン購入した場合と、KINTO新車利用5年契約を結んだ場合とで比較してます。

RAIZE(ライズ)5年所有で発生する費用をKINTOとディーラーで比較

RAIZE(ライズ)を5年間維持した時のKINTOとディーラーの費用を比較してみました。

比較対象のグレードやオプションは以下の通りです。

グレードZ ガソリン/1.0L/CVT/2WD FF/定員 5名
エクステリアカラーブラックマイカメタリック
インテリアカラー●内装色:ブラック ●シート:ファブリック(レッドパイピング:前席)
オプション内容●オーディオレスカバー●ETC車載器(ビルトイン)ボイスタイプ●フロアマット(ベーシック)

RAIZE(ライズ)のディーラー新車購入費用をシュミレーション

●均等割賦・60回払い・頭金0円・実質年率5.5%・下取り無し

車両本体価格2,060,000円
オプション41,800円
税金・諸費用162,702円
割賦手数料(実質年率5.5%)307,001円
60回払い月額 初回/2回目以降42,901円/40,100円

●残価設定・60回払い・頭金0円・実質年率3.9%・下取り無し

車両本体価格2,060,000円
オプション41,800円
税金・諸費用162,702円
分割手数料(実質年率3.9%)279,435円
月々支払額(初回+58回)初回/2回目以降30,435円/28,100円
最終回お支払い額
721,000円
管理人
RAIZE(ライズ)をディーラーで通常ローン購入した場合は、月額40,100円の支払い、残価プランで購入した場合は月額28,100円の支払い(最終回約72万円)が目安となりそうです。この費用には車検代やメンテナンス代、税金などは含まれておりません。

●5年間維持した時の車両代金以外のコスト概算は以下の通り

車検(ユーザー車検で3年目の1回分)50,000円
タイヤ代(5年間で1回のタイヤ交換として)タイヤ1本8,000円×4本=32,000円
オイル代(1年10,000km走行として5000km毎にオイル交換)5000円×10回=50,000円
その他メンテナンス代(ワイパーゴム、電球など)20,000円※概算
自動車税※減税考慮なし25,000円×5年=100,000円
自動車任意保険(車両保険あり、6等級、21歳以上、ブルー免許、年間走行11000km以下)1年間150,000円×5年間=750,000円※等級変動もあるので概算
5年間のコスト合計1,002,000円

車両費用以外にも維持費が発生しますが、5年間の維持費をざっくり計算しても106万円の費用が発生する可能性があります。

106万円を60ヶ月で割ると16,700円のコスト計算となるので、車両費用と合算すると月々に残価プランで44,800円、通常ローンで56,800円の支払いとなります。

RAIZE(ライズ)のKINTO利用料金をシュミレーション

KINTOはカーリースサービスだから、月々の利用料に車検や税金、自動車保険、メンテナンス費用などがコミコミとなります。

以下の表は月額利用料に含まれる主な内容となっています。

保険自賠責保険
任意保険(対人・対物賠償責任保険:無制限、
人身傷害:上限1名につき5,000万円、車両保険:上限規定損害金【自己負担額:1事故5万円】 等)
税金・手数料など自動車税、重量税、登録手続き費用等
メンテナンス法定点検、定期点検、故障修理、代車、ロードサービス、油脂類の交換及び補充、所定の消耗品の交換、車検
契約年数5年
毎月の支払い額(60回・ボーナス支払い無し)41,910円

ディーラーでの新車購入費用とKINTO利用料の月額比較

新車購入費用とKINTO利用料を比較すると以下のようになりました。

KINTOはディーラー購入よりも月額でお得に車を所有できますね。

通常ローンはランニングコスト含めると、月々の支払いが最も高いですが、支払い完了後は完全に自身の所有となることから、車に愛着が湧いてしまう方は通常購入がおすすめですね。

残価ローンは通常ローン比較で約1.2万円(車両価格のみ)安く維持できますが、最終回には車の返却か721,000円を再度ローン購入または現金一括払いという条件が付きます。

全てコミコミでメンテナンスの心配がないKINTOは、車を維持するにあたって手軽に利用できる新しい選択肢となるでしょう。

●通常ローン購入とKINTO利用の月額比較

新車ディーラー月額(通常ローン+ランニングコスト)車両月額40,100円+ランニングコスト16,700円=56,800円
KINTO月額(60回払い)41,910円 
通常ローンとKINTOの月額差14,890円 KINTOが安い 

●残価ローン購入とKINTO利用の月額比較

新車ディーラー月額(残価ローン、ランニングコスト込み)車両価格28,100円+ランニングコスト16,700円=44,800円
KINTO月額(60回払い)41,910円
通常ローンとKINTOの月額差2,890円 KINTOが安い 注※最終月に721,000円を現金かローンで清算、または車を返却
管理人
RAIZE(ライズ)を所有するにあたって月額や維持費の面でKINTOに興味を持った方多いと思います。次の項目ではKINTOの特徴を深堀したいと思います。

新車RAIZE(ライズ)に乗るなら頭金不要の【KINTO】公式サイト

↓KINTOの魅力ある特徴は以下の記事で紹介しています↓

KINTOの特徴とメリット・デメリット・口コミを調べてみた

KINTOはトヨタ自動車が運営する、自動車カーリースのサブスクリプションサービスです。 今記事ではKINTOの特徴やメリットデメリット口コミなどを調べてみました。 近年では車の所有から利用へとユーザー ...

続きを見る

RAIZE(ライズ)のKINTO利用が向いてるのはこんな人

免許取得したての若年層の場合、KINTOは自動車保険料も月額費用に含まれているから、保険料実費負担を考えるとお得に車を所有することが実現します。

はじめての車がKINTOなら、慣れない車のメンテナンスをお任せ出来ますし、車両代をはじめ、保険税金、メンテナンスなど諸費用含む月額も魅力的です。

以下はカーリースのKINTOがどんな人にオススメかをまとめてみました。

  • 免許取得間もない人
  • 運転に自信がない人
  • 車の維持に関心がない人
  • 月々の費用を平準したい人
  • 頭金がない人
  • 急ぎで車が必要な人
  • ローンを組みたくない人
  • 車に趣味性を求めない人
  • 対面営業が苦手な人
  • 初回車検3年毎に新車へ乗り換えたい人
  • 結婚、出産などで生活環境が変わった人
  • 単身赴任で車が必要になったひと
  • 仕事で急ぎで車が必要になった人
管理人
ひとつでも当てはまる方は、KINTOで車を利用する方が向いているかもしれませんね。

RAIZE(ライズ)新車 KINTOと購入どっちが安い?のまとめ

RAIZE(ライズ)の新車を所有するなら、長い目で見るとメンテナンスや税金保険料込みのKINTOが安くなることがわかりました。

車に対してコスト意識が高い方にとっては、月々の費用が定額で諸々コミコミなのは非常に魅力的ですね。

メンテナンスも定期的に実施できるから、故障のリスクも抑えられるから安全面でも有利なのがKINTOです。

しかし、契約満了後は車の返却が必要だからノーマル車両のまま乗り続ける必要があり、RAIZE(ライズ)に趣味性を求める人にとってはKINTOのカーリースはお勧めできませんね。

KINTOと購入で迷われてるなら

  • 車に関する出費を定額にしたい方や、車購入の頭金がない方など、費用面で車の所有をためらってる方にとってはKINTO
  • 車に趣味性を求める方や、自身のペースで車を維持したい方にはディーラー購入

このような判断基準で検討するといいですね。

管理人
長文駄文にも関わらず最後まで読んでいただきありがとうございました。

キントは高すぎる? トヨタのサブスクKINTO(キント)の評判とメリットを調査

カーサブスクリプションって皆さんご存知ですか?最近はトヨタ自動車が展開するキントなどを筆頭に、テレビCMやネット広告で見かける事が増えてきました。今回はトヨタ自動車が展開する、車のサブスクリプションサ ...

続きを見る

カーリースおすすめプラン比較とメリット・デメリット・口コミを調査

自動車サブスクリプションカーリースサービスが到来! 近年、所有から利用という需要が増えてきており、有名なのはSpotifyやNetflixなどの配信サービスや、飲食、洋服などのサブスクリプションサービ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-サブスクリプション

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2021 All Rights Reserved.