スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤの流行りとは

投稿日:

スタッドレスタイヤといえば、冬季シーズンに頭を悩ませるかたも多くいらっしゃるのでは無いでしょうか?

シーズンごとの履き替えや購入など、時間や金銭的な負担が重なることも多いですね。

最近ではチェーンの新規制もスタートし、冬季のタイヤ環境も一段と厳しい環境になりつつあります。

いっその事、スタッドレスタイヤが必要ない地域に引っ越す手もありますが、殆どの方はそんな事できるわけないですよね。

であれば、スタッドレスタイヤに時間とお金を使ったとしても納得できるような思考を持つと、冬季シーズンのドライブや交換作業なども楽しくなると思いませんか?

今回は現在のスタッドレスタイヤの流行を追ってみたいと思います。

スタッドレスタイヤの流行性能とは

柔軟性の高いスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤの重要なポイントの一つである「柔軟性」
タイヤのゴムは寒くなると固くなり、路面のグリップ力が弱まる傾向にあります。

そこで、タイヤゴムに「シリカ」を配合する事で、タイヤの柔軟性を確保しています。

柔軟性を確保する事で、氷上グリップも高まり滑りにくい状態を維持しています。

これは「シリカ」の配合バランスにもよりますが、サマータイヤに比べても氷上性能は高いレベルを保ちます。

タイヤゴムに含まれる気泡が多いスタッドレスタイヤ

アイスバーンや凍結路面で滑ることがありますが、その原因としては、タイヤと路面の間にできる水の膜が原因とも言われています。この水膜を素早く除去する事で、スタッドレスタイヤのグリップ力が高まります。

気泡がどのように水膜を除去するのかご存知ですか?気泡がある事で、路面に密着したタイヤが、水分をタイヤの気泡の中に吸い込む事で、タイヤと路面の間の水膜を除去することが可能になるんです。

具体的な除去方法としては、タイヤの気泡がスポンジのような役割を果たし、水膜を吸い込んだり、トレッド面にスクラブのような物を混ぜ合わせる事で、スクラブがタイヤの摩擦により取れた箇所に水分を取り込み、路面の水膜を除去するタイプも存在します。

3Dサイプを持つスタッドレスタイヤ

先ほどは気泡の事についてお伝えしましたが、勘のいい方は吸い込んだ水分はどこに行くかが疑問ではなかったでしょうか?タイヤが水を吸い込む事が理解できたとしても、吸い込んだ水分の処理方法が気になりますよね。

この吸い込んだ水分を除去することができるのが「サイプ」といわれる、トレッド面に彫られた切れ込みです。

吸い込んだ水分を「サイプ」に誘導することで、気泡に溜まった水分をタイヤ外に排出することができます。

また「サイプ」には、路面の雪を細かく粉砕する機能も持っており、固まった路面でも、しっかりと走行できるような作りになっているのです。

最近では「サイプ」の断面が3D加工されており、タイヤ割れなどの進行を緩やかにすることで、タイヤライフも伸びてきています。

スタッドレスタイヤとはいえ、ドライ&ウェットグリップ性能も重要

スタッドレスタイヤと聞くと、雪道やアイスバーン向けのタイヤと思う方が多いとおもいますが、走行時に常に雪が降ったり、路面凍結してることばかりではありません。

晴れの日はドライ路面ですし、雨の日はウェット路面です。この様な路面状態でもしっかりと走行できるのがスタッドレスタイヤになります。

近年のスタッドレスタイヤの走行性能は成熟しつつあり、ドライ・ウェット・氷雪・凍結路面状態でも、バランスよく走行することが可能です。

タッドレスタイヤを購入する際は、スタッドレス性能も重要ですが、ドライ・ウェット性能も重要視したタイヤ選びをしましょう。

とはいえ、路面状態が悪い場合は、十分な車間距離を設けて、いざというときにリスク回避ができるよう心がけましょうね。

オススメの格安スタッドレスタイヤを購入するなら。

スタッドレスタイヤを装着して、冬季の安全運転に努めましょう。

10数年前までは、スタッドレスタイヤの価格も高く、降雪の緩やかな地域では、年中サマータイヤで走行する人も多くいましたが、近年ではアジア諸国で生産される「アジアンタイヤ」の性能や人気が高まっており、各社よりスタッドレスタイヤも製造されています。

アジアンタイヤはグローバルに販売を行っており、製造地はアジア圏内ですが全世界の気候に合わせたタイヤの生産もしており、近年ではスタッドレスタイヤ開発のために北海道に研究機関を設けるアジアンタイヤメーカーも実在します。

価格と性能のバランスが良いアジアンスタッドレスタイヤを装着することで、国産スタッドレスタイヤの半額以下で購入することも可能!!

余ったお金で愛車に使うのも良し、家族サービスに使うのもよし、恋人に使うのも良し。色々と余裕も出てきますね。

スタッドレスタイヤに興味がある方は下のリンクに詳しい情報を掲載してますので、ぜひ一読ください。

格安輸入スタッドレスタイヤ性能比較2018-2019

日本国内の冬季シーズンになると、スタッドレスタイヤの購入や履き替える準備が必要ですね。もちろんタダで交換できるわけもなく、サマータイヤに比べても割高なイメージもあります。 ですが、格安輸入タイヤが当た ...

続きを見る

スタッドレスタイヤは本当に必要?

投稿の目次(もくじ)です。 スタッドレスタイヤに履き替える理由は?ゴム製品は温度変化に敏感冬季はサマータイヤの性能が下がります。タイヤチェーンでも良いのでは?あなたとあなたの大切な人を守れる積雪時のチ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

おすすめ記事【必読】

1

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

2

投稿の目次(もくじ)です。 タイヤ通販する時の、評価するポイントと注意点。タイヤ通販の注意・評価する4つのポイント詐欺サイトの口コミ、偽サイトを発表します。詐欺サイト?「みんカラ」の体験口コミ偽サイト ...

3

投稿の目次(もくじ)です。 ミシュランタイヤを格安購入するために、タイヤ通販を体験しました。タイヤ持ち込み取り付け交換ができる整備工場を探しました。自宅近くの整備工場をさがしました。タイヤサイズの調べ ...

4

投稿の目次(もくじ)です。 タイヤピットとは?タイヤピットのタイヤ交換基本料金は?タイヤピットの利用方法は?タイヤ取り付け加盟店を探す。タイヤを注文する。タイヤを取り付けるタイヤピット利用者の口コミ低 ...

5

オートウェイの会員登録は簡単でした。 オートウェイでタイヤを購入する前に、無料新規会員登録をお勧めします。 会員がオートウェイで購入した際は1ポイント=1円換算でポイント加算されますし、商品レビューの ...

-スタッドレスタイヤ

Copyright© タイヤの購入・持ち込み交換が安いのはオートウェイ通販だった(体験談) , 2019 All Rights Reserved.