スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤは本当に必要?

投稿日:

スタッドレスタイヤに履き替える理由は?

近年では天候変化が激しく、災害レベルの大雪なども全国的に珍しい事ではなくなってきました。

お住いの地域によってはスタッドレスタイヤが必要ない事も十分考えられますが、少しでも雪の影響を受ける地域であれば、対策の一つとしてスタッドレスタイヤを検討するのも一つの手。

今回はスタッドレスタイヤ初心者に向けた、スタッドレスタイヤが必要な理由を紹介したいと思います。

ゴム製品は温度変化に敏感

タイヤはゴムを原料とし製造されているのはご存知の通りですが、なぜサマータイヤと冬用タイヤと分けられているのか?

それはタイヤが温度に敏感であり、走行場面や気温などの環境によりタイヤ本来の性能を発揮する事が可能になるからです。

ゴムは熱を加える事で柔らかくなる性質があり、この熱を利用して路面へのグリップ力を維持しています。

「暖かい時期・寒い時期」に合わせたタイヤ開発をおこなえば、その時期に適した最大限の性能向上を達成する事ができますし、タイヤに対する多くのニーズがあるわけで、それにタイヤメーカーが応えた形とも言えます。

冬季はサマータイヤの性能が下がります。

サマータイヤの性能発揮が楽しめる気温があり、7℃を下回るとタイヤ性能が下がり始め、その影響で、サマータイヤが硬くなり路面に食いつく力が弱くなります。

これはブレーキや旋回に影響があり、最悪の場合はブレーキが効かず追突なんて事も考えられます。特に雪上や氷上に弱く、サマータイヤでの走行はストレスの高い運転をしなければなりません。

私の住む九州でも数年に何度かは積雪があり、サマータイヤでは難儀した経験があります。そんな時のために事前にスタッドレスタイヤを装着していればちゃんと運転できますし、安心感が大きく違いますね。

タイヤチェーンでも良いのでは?

ある意味タイヤチェーンが最強の雪上タイヤと言えますが、降雪のたびに装着するのも大変ですし、走行してもチェーンの音が煩く、車両の振動も大きくなり、快適とは無縁の乗り心地になってしまいます。あくまでも緊急用ツールの一つとして準備しておく事が良さそうです。

あなたとあなたの大切な人を守れる

サマータイヤのままアイスバーンや雪上運転をする事は危険ですし、車のコントロールもシビアになり、その結果事故やトラブルに巻き込まれる事もありえます。

ドライバーの目的は移動だけでなく、自身や他人への安全を守る事も重要ですし、大切な人を傷つける事できませんよね。

積雪時のチェーン規制対策を怠ると道路交通法の違反となります。

積雪・凍結道路では、安全な走行難しい場合や、路面凍結の場合にチェーン規制が出されます。

チェーン規制時にすべり止め対策を怠ると反則金を課せられる事がありますので、皆さんも十分対策を施してください。

  • 大型:7千円
  • 普通:6千円
  • 自動二輪:6千円
  • 原付車:5千円

この規制は2つに分けられており、

  • 滑り止め装置装着規制(チェーンやスタッドレスタイヤなどの滑り止め対策を実施)
  • 全車両チェーン装着規制(スタッドレス装着であってもチェーン装着を実施)

とあり、状況により発令されます。

冬季シーズンは万が一のためにタイヤチェーンなどを携帯しておくと良さそうです。

スタッドレスタイヤを履かなくて良い方法

タイヤチェーン(ゴムチェーン)

先述の様に、全車両チェーン装着規制(スタッドレス装着であってもチェーン装着を実施)の可能性もある事を考えると、タイヤチェーンは必要なツールと言えます。

装着に難しいイメージを持つ方も多いと思いますが、最近では女性の方でも装着が簡単なタイプも販売されてますし、タイヤチェーンほど快適性を損なわず、簡単に装着可能なゴムチェーンも人気が高いです。

特におすすめなのが、スイス生まれのYeti イエティ Snow net タイヤチェーンです。このチェーンは走行性能と快適性を両立しており、日本国内には1982年に上陸した30年以上にわたって評価される込むチェーンです。

現在では救急車を始めとした緊急車両にも採用されるほど信頼性が高いです。

楽天市場のYeti イエティ Snow net売り場はこちら

オートソック

タイヤチェーンよりお手軽なのがタイヤの靴下オートソック。これは北欧ノルウェーで開発された簡易チェーンで、耐摩耗性に優れた繊維でできており、タイヤにかぶせるだけで簡単に装着可能です。

私も装着経験ありまして、接客時に「使い捨ての商品」とおすすめされませんでしたが、実際のところ4回も装着する事ができました。

繊維でできてるので重量もなく、携帯するには大変便利です。これもまた緊急用として携帯する事をおすすめします。

楽天市場のオートソック売り場はこちら

スプレー式タイヤチェーン

一番簡単な方法がスプレー式タイヤチェーンの噴射。

昔で言えば松ヤニのようなもので、噴射する事で摩擦力が向上しグリップ力を高めます。

あくまでもスプレーなので、走行環境によっては十分な効果を発揮できないかもしれません。

チェーンやオートソックに比べると少し頼りない印象を持ちます。

雪が滅多に降らない地域の人が携帯するには丁度いい対策ツールかもしれません。

楽天市場のスプレー式タイヤチェーン売り場はこちら

オールシーズンタイヤの装着

ヨーロッパでスタンダードな、オールシーズンタイヤを導入する事もおすすめです。

ヨーロッパでは除雪対策などの道路環境が良く、冬季でも高速スピードで走行する事が珍しくなく、その様な環境で育ったオールシーズンタイヤは、夏冬兼用できるバランスを持った全天候型タイヤといえます。

特に有名なのば、グッドイヤーのベクター フォーシーズンズです。

乾燥路面から雨天時の路面、少々の積雪路面でも安心して走行する事が可能なオールシーズンタイヤです。

残念ですがデメリットもあり、積雪・氷上路面での性能がスタッドレスタイヤと比較して雪上・氷上性能が弱く、東京や太平洋沿岸部、九州などに住む方にはおすすめできるタイヤと言えます。

楽天市場のオールシーズンタイヤ売り場はこちら

楽天市場ベクターフォーシーズンズの売り場はこちら

スタッドレスタイヤが激安で購入できるのご存知ですか?

タイヤ通販最大手のオートウェイでは、国産スタッドレスタイヤや、お得な輸入スタッドレスタイヤを販売しており、最安価格はハイフライWin-Turi 212の1本2670円からと格安展開中です。

国産スタッドレスとの価格差はなんと3分の1!性能にフォーカスすれば国産やメジャータイヤメーカーの方が高性能ですが、最低限の性能を持ちながらもコスパに優れたタイヤでもあり、2018年現在では装着するユーザーが増え続けています。

そこで国産メーカーとの価格差調査をしてみました。

205/60R16  サイズの場合

Win-Turi 212 5,490
BLIZZAK VRX 18,490

価格差(1本あたり)13,000 
※4本なら52,000の差         

※オートウェイ内の価格調査による結果となります。

Win-Turi 212とBLIZZAK VRXの比較なら4本同時購入で50,000以上も安く購入可能です。

走行環境や装着車両により性能評価に幅はあるかと思いますが、スタッドレスタイヤの交換時には、この価格差は強烈なインパクトを残す事になる価格ではないでしょうか?

スタッドレスタイヤが断然お得なオートウェイはこちら

スタッドレスタイヤ+ホイールセットが断然お得!

オートウェイはタイヤ+ホイールセットも販売しており、タイヤ単品価格よりもお得になりますし、無料のタイヤ組み付けやバランス調整まで行った上で、送料も無料で直送してもらえます。

シーズン毎にホイールを外して、タイヤの付け替え作業を行う事は面倒な作業と経費が発生しますよね。

タイヤの組み付けさえ完了していれば、ジャッキとレンチがあれば簡単にタイヤ交換が可能になり、タイヤ交換のために工場に持ち込んだり、取付工賃が発生しない為見えない経費もお得になります。

現在、2018年8月1日〜10月31日までの3ヶ月間の間、スタッドレスタイヤ早割キャンペーンも開催中です。

早く注文するだけで5%も割引に!!今年はスタッドレスタイヤを早く注文して、余裕ある冬季シーズンを迎えてみてはいかがでしょう?

スタッドレスタイヤ+ホイールセットが断然お得なオートウェイはこちら

格安輸入スタッドレスタイヤ性能比較2018-2019

日本国内の冬季シーズンになると、スタッドレスタイヤの購入や履き替える準備が必要ですね。もちろんタダで交換できるわけもなく、サマータイヤに比べても割高なイメージもあります。 ですが、格安輸入タイヤが当た ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-スタッドレスタイヤ

Copyright© タイヤの購入・持ち込み交換が安いのはオートウェイ通販だった(体験談) , 2019 All Rights Reserved.