自動車

車の維持費を抑えたい!おすすめの節約方法はこれだ!

投稿日:

車を所有するために必要な維持費ですが、タイヤのパンクや交通事故などのトラブル、部品の故障など、急な出費により金銭負担が増えることがあります。

今回は車に関連する維持費を安く済ませる方法を調べてみました。

維持費を減らす方法は?

車に発生する維持費は、ローン・自賠責保険・税金などの固定費と、ガソリン・タイヤなどの変動費があります。

車の維持費を減らしたい時に、どの費用が節約可能かを知っておくと、維持費のコントロールがしやすくなります。

という事で、維持費を節約できる内容をまとめてみました。

維持費を節約できないもの

維持費として節約できないものは、自動車税や自賠責保険などが挙げられます。

  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 車検

これらは、法律で義務つけられており、車に乗り続けるために必ず支払わなければならない費用です。

維持費を節約できるもの

維持費を節約できるものとして、以下の内容が挙げられます。

内容により節約の大小ありますが、維持費を抑えることが可能です。

  • ガソリン代
  • メンテナンス費用
  • 駐車場代
  • 自動車任意保険
  • タイヤ代

ここからは、各項目を詳しく説明したいと思います。

ガソリン代の節約方法は?

最も手っ取り早い節約はガソリンを消費しない事です。ちょっとした買い物は歩いて行く習慣をつける事で、チョイ乗りによる燃料消費を抑えます。

また、運転方法の見直しによる燃料節約や、石油メーカーが発行するクレジットカードに入会すれば、リッターあたりの値引き特典などを受ける事も可能です。

ガソリン節約は気軽にチャレンジできますが、車に乗らない我慢を強いられることがストレスに感じるかもしれませんね。

メンテナンス費用の節約方法は?

メンテナンス項目は多岐にわたりますが、馴染みのあるオイル交換など、ディーラーや自動車販売店よりも、カー用品店の方が安く済むケースがあります。

ディーラーは正直工賃が高いですし、工賃は自動車整備工場により違いがあります。

例えばオートバックスであれば、自社ブランドのオイルを取り扱っており、他のメーカーオイルと比較しても、安く販売しており、会員になるとオイル交換工賃も無料になります。

また、オイルを一斗缶で購入して、自身で交換作業をするのも節約できますね。

現状でディーラーでオイル交換を実施してるのであれば、23割は安く済む可能性があります。

駐車場の見直し

駐車場を借りてる方であれば、駐車場の見直しを実施する事をお勧めします。

屋根付きより屋根無し、舗装より未舗装、広いより狭い方が安い傾向です。

道路ひとつ挟むだけで、駐車場代が数千円変わる事も充分考えられます。

管理人も毎月の駐車場代が15000円でしたが、少し遠くなったものの9000円の駐車場と契約した事で、年間72000円も節約することができました。

自動車保険の見直し

自動車任意保険は皆さん加入してると思いますが、契約時にしっかりとプラン確認しましたか?

保険屋さんお任せで、自身に不必要な特約やプランを契約してる人も多く、保険の見直しだけで年間数万円も安くなる人多いんです。

最近では、複数の自動車保険会社の比較見積もりを無料で出来るサービスがあり、車検証と免許証さえ手元にあれば、スマホやパソコンで簡単に比較見積もりが完結。

まさか私が?って人も自動車保険料が安くなる事があるので、この機会に自動車保険の比較見積もりをおすすめします。

タイヤ交換時に節約

純正装着タイヤにこだわると、節約の機会を失う場合があります。ちなみにタイヤは純正と同じサイズや規格であれば、どのブランドを装着しても問題ありません。

もちろんタイヤ銘柄によって、耐久性や低燃費などの技術性能に差はありますが、近年コスパの高い輸入タイヤが増えてきており、純正タイヤの半額以上で同等品を購入する事できます。

ブランドにこだわりがなければ、輸入タイヤは大きく節約できます。

しかし、根本的に車の維持費を下げる方法もあります。次の項目では、こちらの方法を説明したいと思います。

車を乗り換えして維持費を節約

税金や燃費の良い車、軽自動車などに乗り換える事で、車の維持費を下げる事が可能です。

  • 燃費の良い車に乗り換える
  • 軽自動車に乗り換える
  • 新車に乗り換える

燃費の良い車に乗り換える

省燃費の車に乗り換えるのも維持費を抑えるポイントです。

仮に現在所有する車がリッター1015キロ走行できるとすれば、最新のモデルで有ればリッターあたり2535キロ走行できるので、燃料費を半額近くまで抑える事が可能です。

例えばトヨタからリリースされる、コンパクトカーのヤリスであれば、WLTCモードでリッターあたり36キロの低燃費を達成しています。

ヤリスの燃料は最大で45リットルの容量がありますので、満タン走行で1500キロ前後の走行が可能です。

東京~福岡間の片道距離が900キロですが、給油なしで走行できることに驚きを隠せません。

軽自動車に乗り換える

軽自動車は乗用車と比較して、税金や保険料が安く維持費を節約できます。

チョイ乗りを繰り返したとしても、軽量で燃費に優れた軽自動車なら大きな負担は少なくなりますね。

下記表では軽自動車と乗用車の税金・保険の費用比較です。

車の種別軽自動車(新車登録から13年未満)普通車(新車登録から13年未満)
自賠責保険料37ヵ月分として)¥19,730¥20,010
環境性能割取得価額の02%取得価額の03%
自動車税金(自動車税・軽自動車税)¥7,20010,800¥25,000110,000

自動車重量税車種により、エコカー減税、グリーン化特例などにより免税、減税対象になる車もあります。

¥6,600¥8,20049,200※

新車を購入する

国内で販売する新車は、各メーカーによる低燃費競争でしのぎを削っており、新車に乗り換えることで、最新の省燃費効果によってガソリン代も節約できます。

また、エコカー減税など、税制面でお得に節約できる新車も存在しますし、新車だから故障などのトラブルも少ないですね。

初回車検時に新しい車に乗り換える事で、リセールバリューも期待できます。

新車をリースする

新車を買うのではなくカーリースで車を利用する事で、大幅な維持費削減を実現できます。

車のカーリースは多くの企業によりサービス提供が始まっており、その殆どが、月々の支払いにおいて、自動車保険や税金が含まれているので、車に関する出費を定額にする事が可能です。

次の項目では、車と車に関連する出費を定額で支払える、カーリースについて説明したいと思います。

カーリースは車の維持費を節約できる

車を所有することで、少なからず出費がかさみます。出費内容によっては削減できないものもありますが、車の維持費までコミコミのカーリースであれば、維持費を定額にする事ができるので、選ぶ車種によっては購入するよりも節約する事も可能になってきます。

車両代金が安い

カーリースは事前決定した契約期間内で利用する事ができるサービスです。カーリース契約時には、契約期間終了時の車の残価(価値)を差し引いた価格で月額費用が算出されます。

新車購入の場合であれば残価設定ローンなどがカーリースに近い支払い方法ですが、残価設定ローンは車のメンテナンス費用や税金・保険料などの維持費は含まれておりません。

カーリースであれば、これらの維持費も含まれることで、中長期間に発生する費用も定額化する事ができます。

新車購入であれば、予測できない急な出費があっても金銭負担は避けられませんが、カーリースであればこの様な心配とは無縁です。

頭金が不要

カーリースは、新車購入時にあった方がいいと言われる頭金を用意しなくても大丈夫です。

ほとんどのカーリースサービスでは、頭金不要を打ち出しており車を所有するにあたってのハードルが低くなっています。

カーリースはローンが通らなかった人に優しい

自動車購入時のローンよりも審査が優しく、ローン審査に落ちた方でも比較的契約しやすいのもカーリースの特徴です。残念ながらカーリースの審査に落ちる人もいますが、落ちる理由としては以下の通りです。

  • 債務履歴がある
  • 高額な借り入れがある
  • 勤続年数が1年未満の場合
  • 年収が200万円以下
  • 未成年である

万が一、カーリースの審査に通らなかった場合は、希望する車のグレードを下げたり、一部頭金を入れたりすることで再審査時に通るケースも実際にあるようです。

新車だから最新の省燃費モデルを選べる

カーリースは新車を選べることから、燃費性能に優れた最新モデルをリースできます。

例えば10年落ちの高級車を中古車として購入しても、燃費性能や税金の面で維持費が安くならない事もあります。

燃費を抑えるのであれば、型落ちの中古車よりも、最新の新車の方が圧倒的有利ですね。

税金や保険などの固定費も月額コミコミ

カーリースの定額には税金や自賠責保険なども含まれいるので、車の維持コストを一括りにまとめる事が可能です。

普通に車を購入すると、税金や保険などは別途支払いとなりますので、その時に向けて費用を工面する必要があります。

車の維持費が定額になる事で、家計がコントロールしやすくなることで、余裕をもったカーライフを楽しむ事ができます。

メンテナンス・車検費用まで月額コミコミ

カーリースでは、各メーカーにより多少の差はありますが、車検や通常メンテナンス、タイヤやワイパーなどの消耗品なども定額に含まれます。

税金や保険などは事前に費用がわかるので、その時に向けて費用を備える事ができますが、メンテナンス項目に関しては、急なトラブルにより予想外の出費がつきものです。

車検に備えて毎月貯金する方も多くいますが、カーリースであれば車検費用を準備しなくてよいのは、日常生活において負担が軽減されます。

税金・保険・車検・メンテナンス費用も定額に含まれるので、急なトラブルに頭を悩ませることもありません。

おすすめのカーリースサービスを紹介

ここからは、車の維持費を抑えれる、カーリース各社のサービスを紹介します。

殆どのカーリースにおいて特徴的なのが、オンラインで契約を済ませる事が可能です。

車を購入するために、カーディーラーや販売店に足を運ぶ必要もないので、無駄な手間が掛からない事も特徴のひとつです。

このように、維持費を抑える事が実現するする、おすすめカーリースサービスは以下の各社です。

  • お得にマイカー定額カルモくん
  • コスモMYカーリース
  • KINTO
  • SONPOで乗ーる
  • MOTAカーリース

これらのカーリースサービスには各社特徴があり、どのサービスが自身に相応しいかは、若干のリサーチは必要ですね。

以下のリンクより、各社の特徴をまとめた記事がありますので、参考にしていただければお役にたてると感じてます。

カーリースおすすめプラン比較とメリット・デメリット・口コミを調査

自動車サブスクリプションカーリースサービスが到来! 近年、所有から利用という需要が増えてきており、有名なのはSpotifyやNetflixなどの配信サービスや、飲食、洋服などのサブスクリプションサービ ...

続きを見る

今回のまとめ

車を所有するにあたり、必ず維持費が発生しますが、その見直しやカーリースを利用する事で、出費を抑える事が可能です。

車を日常の足として考える方にとっては、これらの節約方法を実践する事で、最大限に出費を抑えることも実現します。

車の維持費を抑えたいかた、これから車を所有する方にとって、少しでも役に立つ記事であれば幸いです。

長文駄文に関わらず、最後までまだ読んでいただきありがとうございました。

皆さんのカーライフが素敵なものになるよう、心より願っております。

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-自動車

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2021 All Rights Reserved.