自動車

HONDAが誇るタイプRとは?赤バッチ装着のレジェンド3車種を振り返る

投稿日:

HONDAのタイプRと言えば、ベース車両をオフィシャルチューニングしたスポーツモデルです。ベース車両は様々で、車両によって生い立ちが異なります。今回はHONDAの赤バッチを装着したタイプRシリーズを紹介。

NSX タイプR【初タイプR

1990年〜2006年の間発売されたNSXは、当時参戦していたF1の影響もあり、世界でHONDAのアイコンとなるスポーツカーを開発したいとの経緯があり誕生した、HONDAのフラッグシップスポーツカーだった。当時の販売価格が800万円と、スポーツカーとして最も高い価格で販売されており、販売終了まで国内で最も新車価格が高いスポーツカーであった。

NSXが世界中で驚愕された理由の一つとして、オールアルミニウムボディの採用があった。この当時は市販車でオールアルミボディを採用する車は皆無であり、その高い技術は「日本の自動車技術180選」に選ばれる。開発にはF1ドライバーであるアイルトンセナや中嶋悟などがテストドライバーとして参加した事もあり、HONDAの力の入れようが感じられるエピソードでもある。

また、車製造は通常ラインでの流れ作業により、車体を組み立てていくが、NSXの場合は、エンジンからボディまで、熟練工の手作業による製造工程であった。そして、車の肝となるエンジンはV6 3リッターエンジンを採用し、このエンジンは車体後方に配置され、コーナーリングに優れたMRレイアウトが採用された。

通常のNSX自体がタイプRと呼べるほどピュアスポーツであったが、更に120kgの軽量化や、エンジンのバランス精度見直し、シートやステアリングなどの専用パーツを導入したNSXタイプRが、1992年に日本国内専売モデルと発売された。このNSXタイプRこそが、HONDAが世に出したタイプRの元祖であり、その後伝説を築きあげるキッカケとなる車種である。

販売終了から約15年経過するが、NSXには、HONDAが提案するリフレッシュプランがあり、経年劣化が進んだ当時のNSXを新車に近い状態に蘇らせてくれる。世界的にみても、HONDAクラスの自動車メーカーが、過去の販売車をリフレッシュする事は非常に珍しく、HONDANSXに対する思い入れの高さを伺える。

現在はハイブリッドシステムを搭載ひたNSXが販売されているが、価格も大幅に高くなり2000万円オーバー。管理人のNSXに対する感覚としては、初代のNSXがピュアスポーツならば、現行のNSXはスーパースポーツという位置づけで見ている。今後現行NSXがタイプRをリリースするまでは、その感覚は変わらないだろう。

NSX-TYPERを中古車で探す

インテグラタイプR2台目タイプR

1995年に発売されたタイプRが、インテグラタイプR。先に登場したNSXタイプRのコンセプトの裾野を広げるべく、HONDAの得意とする軽量FF車で実現したモデルである。

当時のFF車の走行特性として、アンダーステア傾向にあったが、セッティングの見直しにより、ベース車両と比較して、アンダーステアを抑えた、意のままに旋回する性能と、1.8リッターエンジンでありながら、最大出力200psを発揮するチューニングが施され、その当時のF1のピストンスピードを上回るものであった。

旋回性能の高さと、立ち上がりが鋭い高出力エンジンが相まって、レーシングマシンを運転する様な感覚があった。

車の魅力は最大出力だけではないことを証明した、HONDA渾身のFFモデルと呼べる。

インテグラTYPERを中古車で探す

シビックタイプR3台目タイプR

1997年に発売された、シビックタイプRは、シビックとして6代目であるEK9型である。

シビックと言えばHONDAの主軸となる

スポーティーグレードも有するコンパクトカーであったが、その当時のスポーツグレードである、SiRに搭載されたB16Aをチューニングした、B16Bを搭載しており、1.6リッターの排気量にも関わらず、185ps/9000rpmを発揮するレーシングエンジン並みの性能を有していた。

また、足回りにも注力しており、前後ダブルウィッシュボーンサスペンションの採用で、タイヤの接地性を高めており、レーシングマシンの様な旋回性能を発揮していた。それと同時に、ボディ剛性も向上させており、車体の安定性および、コントロール性能にも磨きをかけてきた。

この様なレーシングスペックを有する車両が、カタログモデルとして存在し、また、販売価格も手頃であったことから、高い人気を博した。

現在では、中古車市場で高値取引されており、状態の良いものであれば、当時の新車価格を超える車体も存在する。

現在では、排ガスや、安全ボディの規制もあることから、当時の仕様そのままのスペックを維持する事はできないが、現在HONDAがリリースするタイプRは、シビックのみになっており、軽快さは失ったものの、ターボエンジンの搭載により、高出力を獲得し、当時のシビックタイプRとは違ったコンセプトで、FF世界ナンバーワンを目指し開発を続けている。

シビックTYPERを中古車で探す

HONDA タイプRとは?

タイプRと聞いて思い描くイメージは個々により差があると思いますが、私が感じるタイプRは、HONDAのレーシングスピリットを形にするものであり、また、そのレーシングスペックを求めるユーザーが存在する事で成り立つ、双方向的な車であるといえる。

販売台数は、一般の乗用車と比較すると圧倒的に少ないが、タイプRを所有する喜びや、タイプRでしか感じることのできない性能を持ち合わせており、車の走行性能を求めるユーザーにはぴったりの車といえる。

近年車に求められる性能として、低燃費モデルやユーティリティに優れた車が人気であるが、車の運転が楽しめるスポーツカーが、少しでも人気を取り戻してくれれば、私として願ったり叶ったりである。

タイプRで自損事故【管理人体験談】

シビックタイプRで自損事故!車両保険加入で修理代チャラに【体験談】

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

続きを見る

車売却で高額査定をゲットしました。【管理人体験談】

車高く売りたい!出張買取で高額査定ゲット。契約書画像あり

投稿の目次(もくじ)です。 アコードユーロRを乗り換えるため、一括査定サービスに申し込み。自動車買取一括査定の申し込みは簡単で無料!でも交渉は大変。高く買い取ってもらう為の愛車の価値の伝え方。自動車査 ...

続きを見る

ヘッドライトをLED化してみた【管理人体験談】

スフィアライトLEDの評判は? LEDヘッドライト採用理由と口コミ評価まとめ

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

おすすめ記事【必読】

1

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

2

車の査定額には一定の目安が存在します。ネットでよく見かけるのは買取相場表なる、買取業者が設定した相場。1つの基準にもなるが、そこに表示されるのは価格の幅が広いものばかり。 実はもっと精度の高い査定額の ...

3

日本国内の冬季シーズンになると、スタッドレスタイヤの購入や履き替える準備が必要ですね。もちろんタダで交換できるわけもなく、サマータイヤに比べても割高なイメージもあります。 ですが、格安輸入タイヤが当た ...

4

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

5

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

6

2020年現在、定額制サービスが日常まで浸透してきてますよね。管理人もNetflixやSpotifyなどを利用しており、手元で高品質のコンテンツが楽しめるので、レコードやCDを買い求めて探索した日が懐 ...

7

タイヤピットとは? タイヤピットとは、オートウェイで購入したタイヤを、貴方のご自宅近くのタイヤピット加盟店へ直送し取付交換をするサービスです。 このサービスによりタイヤ持ち込み交換の手間が省かれ、購入 ...

-自動車

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2020 All Rights Reserved.