自動車保険

自動車保険「弁護士費用特約」ホントに必要なの?

投稿日:2020年8月27日 更新日:

自動車保険を検討すると「弁護士費用特約」という言葉を見聞きしますが、皆さん弁護士費用特約の詳しい内容はお解りでしょうか?

弁護士費用特約は「必要?」「不要?」と、契約者によって意見が分かれるところですが、実際のところ「必要な特約」「メリットばかり」という前提にて、弁護士費用特約の特徴をお伝えしたいと思います。

自動車保険を契約・更新予定の方は是非ご一読ください。

わずか3分で年間最大5万円の節約ができる自動車保険見積もり比較

自動車保険の弁護士費用特約ってなに?

弁護士費用特約は、事故時の示談交渉において、弁護士に依頼すること(示談交渉ができない状態)になった時の費用を保険会社が負担してくれる特約です。

弁護士費用特約は、自動車保険(自動車任意保険)の契約時にオプション契約することができます。

この弁護士費用特約ですが、ある自動車火災保険の自動車保険加入者の場合ですと、65%以上の方がオプション契約しており、万が一の備えとして人気の高い特約です。

示談交渉ができない時のための特約だから、弁護士の介入によって適正な賠償金を補償してもらったケースも珍しくないでしょう。

守備範囲の広い弁護士費用特約の適用範囲

弁護士費用特約は交通事故に関する弁護士費用を負担してくれる特約ですが、契約者以外が車両交通事故トラブルに遭遇しても利用できるケースがあります。

弁護士費用特約の補償対象者として、

  • 被保険者(本人)
  • 配偶者
  • 同居の親族
  • 別居している子(子は未婚)
  • 事故時の保険対象車両同乗者
  • 契約車両のオーナー

となりますが、本人や配偶者に適用されることは当然ですが、事故時に同乗してた友人・知人や、車両のオーナーも補償してもらえます。

この弁護士費用特約のお勧めできるもう一つのポイントとして、各保険会社の特約内容にもよりますが、車に乗車中以外で何らかの車両交通事故に巻き込まれた場合は特約が適用されます。

逆にいうと、交通事故以外の日常的(労働、相続、医療、離婚、男女間など)な弁護士費用は補償されません。

弁護士費用特約を使えば 弁護士費用は実質0円

弁護士費用特約を利用することで、殆どの方が実質0円で弁護士費用をまかなえます。

「殆どの方」が気になるかと思いますが、弁護士費用の補償額には限度がありその額300万円

交通事故の場合ほぼほぼ弁護士費用が300万円を超えることがなく、実質0円にて自己負担はありません。

交通事故に強い弁護士事務所の相場を調べたところ、「報酬金20万」+「回収賠償額の10%」といった価格帯が多く見受けられました。

交通事故示談の弁護士費用目安として

・賠償額1000万円の場合、20万+100万=120万

・賠償額2000万円の場合、20万+200万=220万

・賠償額3000万円の場合、20万+300万=320万

※計算式として「報酬金20万」+「回収賠償額の10%」を適用

3000万円を超えた場合は自己負担がありますが、回収額3000万に対する20万の自己負担であれば、目を瞑ることもできますよね。

示談交渉のセイフティーネットとも言える弁護士費用特約は、車両交通事故に関する弁護士費用を保険会社が負担してくれる特約ですが、内容によっては使えないケースもあります。

弁護士特約付きの自動車保険一括無料見積もり

自身に過失がある場合も弁護士費用特約は使える?

弁護士費用特約は「相手過失が100%の時だけ利用可能」というへの誤解が多く広まってますが、そんなことはありません。

交通事故当事者双方に過失がある場合は、その過失に応じた賠償請求が可能ですので、過失割合の大小あれど相手に賠償請求する時は弁護士費用特約を使うことができます。

例えば

信号機のない交差点で出会い頭の衝突事故。自身が優先道路をだったが脇見運転。

相手は一時停止をせずに飛び出してきたことで、双方が衝突を回避できなかった。

その結果として、自身の過失20、相手の過失80  と認定。

この場合、相手の過失80に対する賠償請求費用を補償してくれます。

弁護士費用特約が使えないケース

弁護士費用特約は万が一の頼りになる特約の一つですが、以下の場合弁護士費用特約が使えないケースもあります。

  • 保険契約者または弁護士費用特約の適用者の過失が原因となる交通事故
  • 保険契約者が、法令違反(無免許、飲酒、薬物使用)状態での交通事故
  • 保険契約者の故意(危険運転)による交通事故
  • 被保険者よる、弁護士費用特約の適用者への損害賠償請求
  • 自然災害による交通事故
  • 歩行者同士、自転車同士、歩行者と自転車の接触による事故、自己転倒など日常生活での事故等、車に関わらない事故。

弁護士費用特約を使っても保険等級に影響はないの?

弁護士費用特約のみ利用であれば保険の等級は下がらないので、ノーカウント事故として扱われるため、保険料の値上げはありません。

ただし、当該事故において保険利用での賠償支払いや、車の修理などによる車両保険を利用した場合は、当然のごとく保険等級が下がりますので注意してください。

弁護士は自身で選任することができます。

私自身も交通事故の相談を受けたことがあり、話を聞くと弁護士費用特約に入ってるとのことで、お世話になってる弁護士さんを紹介した経験があります。

心情としては何らかの縁がある方に頼みたいでしょうし、示談交渉も上手くいったとのことで、紹介した甲斐がありました。

このケースのように、弁護士費用特約を利用する際の弁護士は自身で選任することも可能ですし、契約保険会社に紹介してもらうこともできます。

自身で探すにしても、保険会社に紹介してもらうにしても、最終的には自身が選任することになりますので、信頼のおける弁護士さんに依頼することをおすすめします。

弁護士費用特約のデメリットとは?

今まで弁護士費用特約の良い点をお伝えしてきましたが、弁護士費用特約にもデメリットがあります。

それは保険料が高くなる事。あくまでも保険のオプションなので選択する事で保険料が上がります。

その金額およそ100円(月額)。。。。

このデメリット、よく考えると月々100円程度の加算で、弁護士による示談交渉によって賠償請求をスムーズ解決。

保険会社の示談であれば、保険会社基準の慰謝料になりますが、弁護士の示談になると裁判基準による傷害・後遺障害慰謝料の金額にて示談できるケースが多いようです。

弁護士費用特約のデメリットは「保険料が高くなる」ことですが、ここまで読んでいただいた貴方にはデメリットでは無いと感じたと思います。

弁護士費用特約が付帯できる自動車保険会社の紹介

自動車保険の新規契約・更新による切り替えを検討中の方に、弁護士特約が付帯できる自動車保険を取り扱う代表的な会社を紹介します。

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • AIU 保険
  • おとなの⾃動⾞保険(セゾン自動車火災保険)
  • 共栄⽕災
  • ソニー損保
  • そんぽ24
  • 損保ジャパン⽇本興亜
  • チューリッヒ
  • ⼤同⽕災
  • 東京海上日動
  • 日新⽕災海上
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト

こんなに弁護士費用特約を扱う会社があるなんて、逆に保険会社選びに迷ってしまいますよね。

そこで便利なのが、自動車保険一括見積もり取得サービスの利用です。

車検証に記載された情報を入力するだけで、複数の保険会社の保険料を比較することができるんです。

もちろん見積もりは無料ですし、その後のしつこい営業などはありません。

わずか3分の簡単入力で、保険料の節約になるかもしれませんし、年間最大5万円も保険料が安くなったケースもある様です。

【自動車保険契約が面倒くさい方おすすめ】自動車保険を安くお得に「見積もり比較」

自動車保険をお得にに賢く選ぶために

サクッと完了できる、完全無料一括見積もりをおすすめしています。

このサービスは、自動車保険会社複数社の保険料見積もりを1回で取得できるサービスです。

現在加入してる自身の自動車保険が高いのか?安いのか?を判断する事が簡単です。

自動車保険は契約者の年齢や所有する車、補償内容に合わせて保険料金が決まりますので、どこの保険が一番安いとは言えないんです。

だから貴方にとっての最安保険会社を探すには、複数社より見積もりを取得する方法しかありません。

貴方の保険料が高ければ保険料を年間最大50000円安くするきっかけになることでしょう。

そのおすすめ出来る見積比較先は 自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」です。

2009年にスタートした「保険スクエアbang!」は、最安情報を消費者目線で提供できる比較サービスを生み出し、新しい価値の提供を継続し今では比較する事が当たり前の時代を作り続ける会社の一つです。

「保険スクエアbang!」は

僅か3分で見積申込みが完了
最大17社の自動車保険一括見積もりサービスが可能

だから簡単に一括見積もり取得が可能になったんですね。

わずか3分で数万円お得になれば、大切な人との思い出作りや趣味への投資に回す事も可能です。自動車保険を見直すなら、この機会に見積もり比較をしてみませんか?

タイプRで自損事故【管理人体験談】

シビックタイプRで自損事故!車両保険加入で修理代チャラに【体験談】

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

続きを見る

車売却で高額査定をゲットしました。【管理人体験談】

車高く売りたい!出張買取で高額査定ゲット。契約書画像あり

投稿の目次(もくじ)です。 アコードユーロRを乗り換えるため、一括査定サービスに申し込み。自動車買取一括査定の申し込みは簡単で無料!でも交渉は大変。高く買い取ってもらう為の愛車の価値の伝え方。自動車査 ...

続きを見る

ヘッドライトをLED化してみた【管理人体験談】

スフィアライトLEDの評判は? LEDヘッドライト採用理由と口コミ評価まとめ

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

おすすめ記事【必読】

1

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

2

車の査定額には一定の目安が存在します。ネットでよく見かけるのは買取相場表なる、買取業者が設定した相場。1つの基準にもなるが、そこに表示されるのは価格の幅が広いものばかり。 実はもっと精度の高い査定額の ...

3

日本国内の冬季シーズンになると、スタッドレスタイヤの購入や履き替える準備が必要ですね。もちろんタダで交換できるわけもなく、サマータイヤに比べても割高なイメージもあります。 ですが、格安輸入タイヤが当た ...

4

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

5

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

6

2020年現在、定額制サービスが日常まで浸透してきてますよね。管理人もNetflixやSpotifyなどを利用しており、手元で高品質のコンテンツが楽しめるので、レコードやCDを買い求めて探索した日が懐 ...

7

タイヤピットとは? タイヤピットとは、オートウェイで購入したタイヤを、貴方のご自宅近くのタイヤピット加盟店へ直送し取付交換をするサービスです。 このサービスによりタイヤ持ち込み交換の手間が省かれ、購入 ...

-自動車保険

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2020 All Rights Reserved.