自動車保険

40代におすすめの自動車保険

投稿日:2020年8月27日 更新日:

40代の自動車保険を選ぶ基準

年齢が40歳を超える頃といえば、子供も成長し成人まで残りわずかという方も多くいると思います。

また、家族で遠方ドライブに出かけたり、子供の送迎など車を運転する場面が増えてくるタイミングでもありますし、人によっては子供も免許取得し、あなたの車を借りて運転する事も出てくるでしょう。

私が免許取り立ての頃は、母親の車を借りてはあちこちドライブに行ったものですが、自分の車ではないからムチャな運転をしたり、その結果車を故障させたりと大変迷惑をかけてきました。

子供に口うるさく運転マナーを伝えても、私みたいに上の空で話を聞いてる人もいるでしょう。

うちの子供は大丈夫などと思わず、子供に運転をさせるのであれば、補償内容の見直しや運転者条件の変更を必ず行いましょう。

特に運転技術が未熟な初心者ドライバーに運転させるのであれば、相手がいる事故や自損事故を起こす可能性もあります。

相手に対する補償は絶対に必要ですが、もし自損事故を起こした場合に車両保険に契約してなければ修理金額を自己負担することになります。

そのようなケースも予見できますので、車両保険付帯は必須であり、またオールリスク型の車両保険を付帯する事をオススメします。

40代にオススメの自動車保険特約

管理人は40歳を超えますが、私の場合は日常的に仕事で車を使う事が増えてきており、いつ事故やトラブルに巻き込まれるか解りません。

会社に守られてる訳ではないのでいざという時の補償を考慮して、対人賠償・対物賠償の補償価格を無制限にて契約しています。

また、事故により業務を休まざるを得ない場合もありますので、もし事故に遭遇して入院でもしてしまえば、その間の収入はなくなってしまいます。

会社員であれば少なからず会社が守ってくれる事も考えられますが、自営業であれば無収入期間が長くなればなるほど死活問題です。

いつまでも仕事を通じて走り続けるのが自営業の強みでもありますが、事故を起こして入院してしまえばその強みも活かし切れません。

私は最悪な事態に備えて、人身傷害補償や搭乗者傷害もしっかり付帯させています。

この分保険料が高くなってしまいますが、健康に働けてる今だからこそ自動車保険も負担なく支払い続ける事ができるのです。

もし人身傷害補償や搭乗者傷害を付帯してなければ、相手の補償は十分でもあなたや同乗者の方は補償されない場合もあります。

そして、付帯せぬまま入院になり、仕事も休む事になるのであれば自身の治療費やそれに関わる経費などは全て自腹で払わないといけません。

満身創痍の状態で、金銭的な負担を強いられるのは過酷の極みともいえるでしょう。

サラリーマン、自営業にこだわらず、保険料の支払いに負担のない程度で最大限の補償にて契約する事をオススメしたいと思います。

他にもオススメしたい特約の一つとして、弁護士費用特約があります。

もし過失割合などで揉めた時にこの特約を付帯させてれば弁護士費用をまかなう事が可能になりますので、保険会社が難儀する示談交渉をスムーズに進める事も可能になります。

40代にオススメは「おとなの自動車保険」

自動車保険各社には、自社の強みを活かす為に独自の契約プランを設けており、特に40・50代は事故率が低い世代でもありますので、自動車保険料金が他の世代に比べてやすい傾向にあります。

あなたも一度見聞きした事があるかもしれませんが、40・50代に強い自動車保険の代表格として、セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」の評価が高まっています。

40・50代は運転経験も長く、事故率が低い世代でもありますので、この世代に保険料金安く提供できる内容となっており、商品名の通りおとなに優遇した自動車保険と言えます。

自動車保険に加入する際、基本的に契約車両を運転する若年を基準に保険料が算出される事がほとんどですが、おとなの自動車保険は契約者の年齢を基準に保険料を算出しますので、子供が運転できる契約内容でも親の年齢を基準に算出する事で割安な保険料で自動車保険の契約が可能になります。

おとなの自動車保険の詳しい情報は下記記事をご覧になってください。

おとなの自動車保険(セゾン自動車火災)の口コミ評判からお得な見積もり取得方法を発見

投稿の目次(もくじ)です。 セゾン自動車火災保険の特徴 おとなの自動車保険はどんな自動車保険?事故率が低い40代〜50代に優しい保険料金ですインターネットからの加入で新規も継続も10,000円損保ジャ ...

続きを見る

40代に人気の自動車保険ランキング

自動車保険加入者の口コミや評判をベースに、40代に優しい保険会社をピックアップしました。

保険料を割安にする事を目的とした選考基準ですので、ダイレクト通販型自動車保険が1−5位まで占めています。

順位40代に人気の自動車保険ランキング
1位おとなの自動車保険
(セゾン自動車火災保険)
40代・50代に注力した保険料金設定が人気の保険。他の自動車保険と比べてもこの世代は割安です。また警備会社ALSOKの現場急行サービスが事故時の不安感を払拭してくれます。おとなの自動車保険の詳しい情報はこちら>>
2位ソニー損保ダイレクト通販型自動車保険が15年連続で売り上げナンバーワンを獲得する、ダイレクト通販型でもっとも勢いのある保険会社です。ソニー損保自動車保険の詳しい情報はこちら>>
3位アクサダイレクトスイスを本拠地とした世界的保険企業が運営するダイレクト通販型自動車保険です。専任の事故担当者がつく事で、スムーズな事故対応力が評価される自動車保険です。アクサダイレクト自動車保険の詳しい情報はこちら>>
4位イーデザイン損保日本国内最大手の損害保険会社「東京海上グループ」のダイレクト通販型自動車保険です。走行距離に応じた保険料算出の区分けが細かく、自身に合うプランを選択できる。現場急行サービスとして、警備保障会社のSECOMが事故時の初期対応をサポート。イーデザイン損保自動車保険の詳しい情報はこちら>>
5位SBI損害保険保険料金満足度96%を超え※自社アンケート
事故時の宿泊費や帰宅までの交通費の上限額が高め。
SBI損保自動車保険の詳しい情報はこちら>>

※このランキングは管理人の独自の調査による集計結果となっておりますが、どの保険会社も企業規模や補償内容が間違いない会社ばかりですので安心して比較されてください。

自動車保険を安くお得に済ませる方法「見積もり比較」

自動車保険をお得にに賢く選ぶために

サクッと完了できる、完全無料一括見積もりをおすすめしています。

このサービスは、自動車保険会社複数社の保険料見積もりを1回で取得できるサービスです。

現在加入してる自身の自動車保険が高いのか?安いのか?を判断する事が簡単です。

自動車保険は契約者の年齢や所有する車、補償内容に合わせて保険料金が決まりますので、どこの保険が一番安いとは言えないんです。

だから貴方にとっての最安保険会社を探すには、複数社より見積もりを取得する方法しかありません。

貴方の保険料が高ければ保険料を年間最大50000円安くするきっかけになることでしょう。

そのおすすめ出来る見積比較先は 自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」です。

2009年にスタートした「保険スクエアbang!」は、最安情報を消費者目線で提供できる比較サービスを生み出し、新しい価値の提供を継続し今では比較する事が当たり前の時代を作り続ける会社の一つです。

「保険スクエアbang!」は

僅か3分で見積申込みが完了
最大17社の自動車保険一括見積もりサービスが可能

だから簡単に一括見積もり取得が可能になったんですね。

わずか3分で数万円お得になれば、大切な人との思い出作りや趣味への投資に回す事も可能です。自動車保険を見直すなら、この機会に見積もり比較をしてみませんか?

タイプRで自損事故【管理人体験談】

シビックタイプRで自損事故!車両保険加入で修理代チャラに【体験談】

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

続きを見る

車売却で高額査定をゲットしました。【管理人体験談】

車高く売りたい!出張買取で高額査定ゲット。契約書画像あり

投稿の目次(もくじ)です。 アコードユーロRを乗り換えるため、一括査定サービスに申し込み。自動車買取一括査定の申し込みは簡単で無料!でも交渉は大変。高く買い取ってもらう為の愛車の価値の伝え方。自動車査 ...

続きを見る

ヘッドライトをLED化してみた【管理人体験談】

スフィアライトLEDの評判は? LEDヘッドライト採用理由と口コミ評価まとめ

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

おすすめ記事【必読】

1

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

2

車の査定額には一定の目安が存在します。ネットでよく見かけるのは買取相場表なる、買取業者が設定した相場。1つの基準にもなるが、そこに表示されるのは価格の幅が広いものばかり。 実はもっと精度の高い査定額の ...

3

日本国内の冬季シーズンになると、スタッドレスタイヤの購入や履き替える準備が必要ですね。もちろんタダで交換できるわけもなく、サマータイヤに比べても割高なイメージもあります。 ですが、格安輸入タイヤが当た ...

4

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

5

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

6

2020年現在、定額制サービスが日常まで浸透してきてますよね。管理人もNetflixやSpotifyなどを利用しており、手元で高品質のコンテンツが楽しめるので、レコードやCDを買い求めて探索した日が懐 ...

7

タイヤピットとは? タイヤピットとは、オートウェイで購入したタイヤを、貴方のご自宅近くのタイヤピット加盟店へ直送し取付交換をするサービスです。 このサービスによりタイヤ持ち込み交換の手間が省かれ、購入 ...

-自動車保険

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2020 All Rights Reserved.