BRIDGESTONE

ブリヂストンが社員用にマスクを自前生産開始

投稿日:2020年4月17日 更新日:

ブリヂストンは416日、新型コロナウイルスの感染対策として、国内関連企業の従事者向けに、ウレタン素材を活用したマスクを自前で生産する事を発表した。

製造はグループ企業である、ブリヂストン化成品株式会社とブリヂストンケミテック株式会社の生産ラインを活用するとの事で、週10万枚の製造予定とのこと。

自社グループ内のノウハウを生かし、外部からの購入を控えることで、社会全体におけるマスク不足を減らす目的でもある。

ブリヂストングループは、テレワークなどが導入出来る部署もあるが、製造現場など、人とのコミュニケーションが必要な業務内容も多いことから、自社製造マスクを着用させる事で、社内感染を回避する目的もある。

新型コロナウイルスの感染を防ぐために、各企業が出来ることを率先して実施しています。我々個人も出来る事から始める事で、一刻も早く収束する日を願って止みません。

新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになった皆様に謹んでお悔みを申し上げます。また、闘病中の皆様におかれましては、心よりお見舞いを申し上げます。

 株式会社ブリヂストンとブリヂストン化成品株式会社、ブリヂストンケミテック株式会社は、新型コロナウイルス感染症の影響による国内のマスク不足緩和に貢献することを目的として、国内ブリヂストングループ会社従業員向けにウレタンを活用した簡易マスクの生産を開始しました。

 過去に業務用マスクを製造していた際のノウハウをもとに、ウレタン製品の生産ライン※1を活用して早期生産を実現しました。週10万枚の生産を予定しています。今回生産する簡易マスクは、当社グループ従業員が販売活動や生産活動を行う際に飛沫飛散防止用として使用するためのもので、マスクを自社生産することで市場からの調達量を減らし国内マスク不足の緩和に貢献していきます。

 当社グループは、地域の皆様やお客様、従業員の生命安全、健康を守ることを最優先に位置付けています。政府・各地方自治体の方針に基づき、3つの「密」の回避徹底や在宅勤務の推進等の感染拡大抑止に向けた取り組みに加え、今回のような当社資産や技術を活用した取り組みを通じて社会・地域に積極的に貢献していきます。また、生産拠点や営業/物流拠点など社会インフラを支えるために必要不可欠な業務については、安全確保に万全を期した上でオペレーションを継続するとともに、本社機能ではテレワークのレベルを上げて対応するなど抜本的な働き方改革にも繋がるように取り組んでいきます。

引用元:https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2020041601.html

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-BRIDGESTONE

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2020 All Rights Reserved.