スタッドレスタイヤ

N-BOXおすすめスタッドレスタイヤの比較や口コミ評価を調査

投稿日:2020年8月11日 更新日:

ホンダが誇る日本トップ販売台数の軽自動車であるN-BOX。この販売台数は乗用車の販売台数を含む記録で、2019年度の販売台数は241,870台と、普通乗用車のNo.1であるトヨタカローラの販売台数に10万台以上の差をつけてぶっちぎりの首位を獲得した日本で最も人気の高い軽自動車です

今回はホンダN-BOXにおすすめの、スタッドレスタイヤを紹介したいと思います。

N-BOXにおすすめの格安タイヤの情報は下記記事がおすすめです。

N-BOX(HONDA)におすすめ、お得なタイヤ交換方法と装着サイズ情報

2016年に軽自動車販売台数ナンバーワンを獲得したHONDAのN-BOX。当時新車購入した方は2019年に車検を迎えることになります。 車のタイヤは走行距離や装着期間によって交換時期が様々ですが、車検 ...

続きを見る

ホンダN-BOXのタイヤサイズは?

N-BOXのタイヤサイズはご存知ですか?タイヤ交換をスムーズに行う為に、愛車のタイヤサイズを知っていると、タイヤ選びが楽しくなります。

この記事を読むユーザーさんは、N-BOXのタイヤサイズを知っていると思いますが、念のためにN-BOXの純正タイヤサイズを紹介します。

N-BOX 純正タイヤサイズ

N-BOXは2011年に発売スタートした軽自動車ですが、2020年現在までに5種類のサイズを純正装着しています。

  • (2011〜2017年)145/80R13 155/65R14 165/55R15
  • (2017年〜)155/65R14 165/55R15

タイヤサイズについて詳しく知りたい方は下記の記事がおすすめです。

タイヤ交換前に知っておきたい「2つの基礎知識」

タイヤ交換は自動車を所有してる方に定期的に訪れる交換作業のひとつですが、ガソリンスタンドやカー用品店のスタッフに言われるがまま、タイヤ交換してませんか? 決して言われるがままが悪いわけではなく、タイヤ ...

続きを見る

管理人
因みにN-BOXにおいて、最も多いタイヤサイズは155/65R14サイズです。

N-BOXおすすめスタッドレスタイヤ

ホンダN-BOXは、軽自動車の中でもハイト系と呼ばれる、背の高い軽自動車になります。ハイト系車両は、背の低い車と比較して、重心が高い為ふらつきを起こしたり横風に弱い傾向があります。

特に冬季シーズンは積雪路面がフラットでない為に、車の揺れが顕著に見られます。この様な揺れにも強い安定性のあるスタッドレスタイヤや、積雪氷雪路面をしっかりグリップするN-BOXにおすすめのスタッドレスタイヤを紹介します。

ピレリ  ICE ASIMMETRICO

イタリアのタイヤメーカーであるピレリがリリースするスタッドレスタイヤ「ICE ASIMMETRICO(アイス アシンメトリコ)」は、日本市場専売のスタッドレスタイヤです。

特徴としては、3Dバタフライサイプ採用による、氷上コントロール性能の強化。タイヤブロックを柔軟にするソフトコアブロックによる氷上・雪上の性能の向上、それと同時に雪上ブレーキング距離を短縮。

日本国内でも降雪積雪の激しいエリアもありますが、ICE ASIMMETRICO(アイス アシンメトリコ)は、元々がヨーロッパの厳しい冬季シーズン用のスタッドレスタイヤであり、高級車やSUVモデルに装着するためのプレミアムスタッドレスタイヤだから基本性能は高く、軽自動車であるN-BOXに装着することで、心地よく安全なドライブを実現するスタッドレスタイヤと言えるでしょう。

ミシュラン  X-ICE XI3

世界最大規模のタイヤメーカーであるフランスのミシュランがリリースするスタッドレスタイヤが、「X-ICE XI3(エックスアイス エックスアイススリー)」。ミシュランも公式に軽自動車向けとしてリリースする、N-BOXにおすすめのスタッドレスタイヤです。

特徴としては凍結路でもちゃんと止まるアイスブレーキ性能(4年利用でもアイスブレーキが持続)に加え、路面に対して均等に圧力を伝達するマックスタッチの採用で、冬季の過酷な路面環境でもしっかりとグリップします。

また、従来品と比較して、タイヤブロックを増やしエッジ効果を向上。トレッドデザインもタイヤセンターを中心にV型に配置し排水排雪効果を高めた。

そして、車内環境に貢献する「周波数コントロール、サイレントアイ」の採用で車内の静粛性を高め、長距離ドライブや冬季シーズンのノイズの多い時期でも快適なドライブが可能に。

トーヨータイヤ  GARIT G5

ドリフト競技を始めとして、数多くのモータースポーツに参戦するトーヨータイヤがリリースするスタッドレスタイヤ「GARIT(ガリット)G5」メジャータイヤブランドよりお手頃価格で販売している国内タイヤブランドだから、国内のスタッドレスタイヤの傾向を掴んでおり、もちろんN-BOXを始めとする軽自動車向けにもタイヤサイズを展開している。

特徴としては、「360度サイプ」の採用。加えて路面吸着力の高い「吸着3Dサイプ」を採用したことで路面追従性を高めた。新品時でもアイス性能をしっかり発揮する「ファーストエッジ加工」、排水排雪性能を向上させた「スラッシュスリット」を採用し滑りの抑制とともに安定走行を実現。

また、タイヤ本体を高剛性ボディとすることで、コーナーリング中の車体のヨレや、ブレーキング時の無駄な前のめりの解消、ドライ路面でのグリップ力を高めており、ハイト系軽自動車であるN-BOXにはぴったりのタイヤと言える。

ブリヂストン BLIZZAK VRX

世界最大のタイヤメーカーであるブリヂストンがリリースするスタッドレスタイヤ「BLIZZAK VRX」。現在では後継モデルのVRX2も発売されているが、基本的な性能は変わらず、旧モデルということもありお得な価格で販売しており、大変コスパに優れたタイヤと言えるでしょう。

特徴としては絶対的なバランス感覚。降雪エリアでも非降雪エリアでも全ての路面に対し高い走行性能を提供する、ブリヂストンが誇るスタッドレスタイヤブランドがブリザックです。

核心となる技術として「アクティブ発砲ゴム」。これは、タイヤの水路表面を水に馴染む素材でコーティングすることで、発砲ゴムで作られた気泡に水分を入りやすくすることで路面の水膜を積極的に除去。この効果により氷上路面のグリップ力を大きく高めました。

スタッドレスタイヤの路面接地にも注力しており、氷雪を掴み取るトレッドパターンと、V字型ブロックにより路面を引っ掻き捉える機能を持つ。また、左右非対称パターン採用により、タイヤの内外の形状を変更することで車のふらつきを軽減。ハイト系軽自動車のN-BOXには嬉しい性能ですね。

ダンロップ  WINTER MAXX WM01

ダンロップがリリースするスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX WM01」。こちらも後継モデルのWM2が発売されていますが、先ほど紹介したブリザックVRX同様、旧モデルということもありお得な価格で販売してます。

特徴としては、凍結路面において強いブレーキ性能を持ちながらも、タイヤ寿命を高めてきた高性能スタッドレスタイヤです。

路面を引っ掻く「MAXXシャープエッジ」と、ダンロップの独自技術「4D NANO DESIGN」から誕生した専用ゴムを採用したスタッドレスタイヤ。タイヤと路面の接地力を向上し安定性の高い走行性能を持つ。

また、独自技術「ミウラ折り」でサイプ幅を細くしブロック倒れを抑制。雪上路面に対し引っ掻きながら安定したブレーキングを可能に。

管理人
ここまでN-BOXにおすすめのスタッドレスタイヤを紹介してきましたが、ハイト系軽自動車だから横風や路面状況によってはふらつきやすいですが、今回紹介したスタッドレスタイヤは背高でもタイヤの剛性により、ふらつきを抑制するセッティングがされているので安心走行が期待できます。

下記リンクは降雪が少ない地域の方向けのオールシーズンタイヤの紹介となります。

オールシーズンタイヤの特徴&性能比較とおすすめタイヤ4選

オールシーズンタイヤはサマータイヤとスタッドレスタイヤの弱点を補う、全天候型タイヤですが、どこまで全天候と言えるのでしょうか? 今回はそんな疑問を調べてみたいと思います。 投稿の目次(もくじ)です。 ...

続きを見る

スタッドレスタイヤ装着N-BOXユーザーの口コミレビューを調べてみた。

ここからは、N-BOXにスタッドレスタイヤを装着した、ユーザー口コミ評価レビューをお届けします。

DUNLOP winter maxx  N-BOXユーザーの口コミ

・積雪路 深雪路…ここ最近のドカ雪で地元津軽では総積雪が140㌢を超えるという状態になっています。バイパスを走行していても2~30㌢程の雪が積もっている事も多々あります。アパートや会社の駐車場なんかは40㌢程も雪が積もるというアホみたいな状態ですw
そんな中でもこのwintermaxxは抜群の走行性能を見せてくれました。トレッドが深雪にぐいぐいと食い込み盛大に雪を排出し、ステアリングにグリップ感を感じさせながら見事に積雪路を走破してみせます。REVO1よりも容易に、また安心感を持ちながらハンドルを握る事ができます。

・圧雪路…この路面状態に関しては国産スタッドレスならあまり性能に違いはないかもしれませんが、wintermaxxも例外ではなく、とても優秀な性能を発揮してくれます。発進、加速、減速、旋回、停止、どれをとっても不満はありません。

・総評…どんな路面状態でも安心感を持って運転ができる素晴らしいタイヤだと思います。無理な運転をすればそりゃ簡単に滑り出します。しかしこのwintermaxxの特徴的な事がありまして、滑り出しのタイミングがスアリングを通してドライバーに伝わってくる感覚があるとでも言いましょうか…徐々にタイヤがグリップを失う感覚がわかるのでドライバーは容易に車体をコントロールできると言いましょうか…w
REVOやigシリーズみたいに限界まで耐えていきなりブレイクなんて事がないので非常に私好みのタイヤであります。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/

BRIDGESTONE BLIZZAK VRX  N-BOXユーザーの口コミ

ブランド、口コミサイト、価格など総合的に検討して購入しました。VRX2と迷いましたが、スキー場に行く機会が多いわけでもなく、豪雪地帯に住んでいるわけでもないので、家計にやさしいこちらを選択しました。また、昨シーズンまで使用していたのが同商品(VRX)だったこともあり、新しいものに手を出すより安心感はありました。まだ購入・履き替え後1か月で凍結路面や雪上を走っていないので評価は難しいですが、今後に期待しています。

引用元:https://tire-hood.com/

PIRELLI ICE ASIMMETRICO N-BOXユーザーの口コミ

ミシュランのスタッドレスから履き替えた感想は、乗り出しからゴツゴツ感がなく、ソフトな感じです。ガッチガチのアイスバーンはさすがに滑りますが、シャーベットや新雪などはそれなりにグリップしているようにおもいます。初売りで格安だったので購入しましたが、いいものだと思います。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/

MICHELIN X-ICE XI 3N-BOXユーザーの口コミ

【総評】
関東ではあまり積雪しないので良いスタッドレスタイヤです。

【満足している点】
積雪の赤城山を走行しましたがしっかりグリップ
して問題なしです(^^)/
スタッドレス特有のグニャグニャ感が無いです。

【不満な点】
なし

引用元:https://minkara.carview.co.jp/

管理人
装着レビューを紹介しましたが、タイヤとの相性は取り付けてみないと解らないのが実情です。レビューの内容を通じてスタッドレスタイヤ選びの参考になれば幸いです。

良いタイヤを安く取り付けるならタイヤネット通販がおすすめです。

タイヤネット通販が当たり前になってきましたが、大手のタイヤ通販ショップでは、「ネット購入→タイヤ取り付け」まで対応してますので、タイヤ取り付け当日に作業店舗に行くだけ。量販店などでタイヤを購入する場合は、在庫があればその場で購入取付けも可能ですが、欲しいタイヤ銘柄がない場合は、タイヤを取り寄せる必要があることと、仕入れルートによっては、タイヤ価格が割り増しになることもあり得ます。

欲しいタイヤが決まってるのであれば、ネット通販で安く購入して取り付け店舗に直送可能でお店に行くのも1度でOKです。ぜひユーザーレビューを参考にして、価格も時間もお得なタイヤネット通販を活用することをお勧めします。

管理人
下記バナーはタイヤ取り付けまで対応可能なタイヤネット通販です。メジャータイヤからアジアンタイヤまで幅広く取り扱いますので、きっと満足するタイヤを見つけることができるでしょう。


スタッドレスタイヤの購入資金に!自動車保険一括無料見積で保険料を安く!!

自動車保険をお得に賢く選ぶためにサクッと完了できる、完全無料一括見積もりをおすすめしています。

このサービスは、自動車保険会社複数社の保険料見積もりを1回で取得できるサービスです。
現在加入してる自身の自動車保険が高いのか?安いのか?を判断する事が簡単です。

自動車保険は契約者の年齢や所有する車、補償内容に合わせて保険料金が決まるので、どこの保険が一番安い(良い)とは言えないんです。
だから貴方にとっての最安保険会社を探すには、複数社より見積もりを取得する方法しかありません。

貴方の保険料が高ければ保険料を年間最大50000円安くするきっかけになることでしょう。
そのおすすめ出来る見積比較先は 自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」です。

「保険スクエアbang!」

僅か3分で見積申込みが完了
最大17社の自動車保険一括見積もりサービスが可能
見積完了後の電話営業や対面営業なし。

だから簡単に安心して一括見積もりが取得できます。
わずか3分で数万円お得になれば、大切な人との思い出作りや趣味への投資に回す事も可能ですし、
スタッドレスタイヤ交換費用に回してもOK!!

自動車保険を見直すなら、この機会に見積もり比較をしてみませんか?

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-スタッドレスタイヤ
-

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2020 All Rights Reserved.