Continental Continental口コミ タイヤ ヨーロピアンタイヤメーカー ヨーロピアンタイヤ口コミレビュー

プレミアムコンタクト6の評価?評判?口コミは?

投稿日:2018年9月13日 更新日:

プレミアムコンタクト6の評判と口コミ評価

プレミアムコンタクト6を装着をしたユーザーの口コミをまとめてみました。

概ね高評価を獲得しており、その性能評価は高いレベルにあると言っても良いでしょう。

日産ジューク ユーザーの口コミレビュー

ContiSportContact 5から、念願のPremiumContact 6に履き替えました。

走行して感じたことが、角が取れてまろやかなフィーリングに変化したことでした。

ハンドリングも出だしのグリップもContiSportContact 5と比較してみても圧倒的に進化しており、日増しにこのタイヤが好きになってしまいました。

低燃費にも貢献しており、転がり抵抗も少なくスムーズに走行するのが手にとってわかります。

快適性や走行ノイズにも手を加えてるのか、静粛性の向上が運転手の疲労軽減につながるので、長距離ドライブにはおすすめできるタイヤですね。

旋回能力もContiSportContact 5に比べてよく曲がります。

とはいえ、スポーツ性能も意識した設計とのことで、乗り心地や静粛性に過度の期待をするとがっかりするかもしれません。

あくまでもコンフォートとスポーツをうまくミックスさせたタイヤです。

乗り心地を追求するならばBSのレグノなどがおすすめでは無いでしょうか。

日産フーガハイブリッド ユーザーの口コミレビュー

タイヤ交換するに当たり、今回は奮発して良いタイヤを履かせる決心をしており、その評価を勝ち取ったのがプレミアムコンタクト6でした。

500キロほど走行して感じたことが、グリップ力や剛性が高まったと感じることができました。

走行ノイズに関しては想像以上に悪く、純正タイヤよりはうるさくなりました。

でも走行性にこだわったタイヤと言えますので、この点に関しては不問とさせていただきます。

でもタイヤ価格が高い。。。。。

フォルクスワーゲン ビートル ユーザーの口コミレビュー

タイヤの柔らかさが絶妙ですね。路面状況によりますが、至ってマイルドな乗り味は、私にとってベストな選択でした。

以前のタイヤがレグノでしたが、同じレベルのマイルドさも持ちつつ、スポーツ走行にも耐えうるポテンシャルには脱帽です。

特にハンドリング性能が私好みであり、低速、中速、高速ともに、スッと頭がコーナーに入り込み、スムーズなライントレースが可能に。

グリップ力に関しても、路面に吸い付くような感覚があり、スピードが早くても安心してコーナーを駆け抜けることができますね。

プレミアムコンタクト6の特徴は?

プレミアムコンタクト6はプレミアムコンフォートタイヤの位置づけでありながら、スポーツ性能も意識したハイパフォーマンスタイヤです。

その発売は2016年となり、若いタイヤですが、安全性や乗り心地、スポーツ性能などを高次元で達成したタイヤです。

具体的な改善内容としてはプレミアムコンタクト5と比較して、乗り心地の向上、グリップ力向上、旋回性の向上など、コンフォートの位置づけでもありながら、しっかりとスポーツ性能も持ち合わせたタイヤとなってます。

この理由として、新開発した専用コンパウンドを導入したことで飛躍的に性能向上を達成しました。

性能レベルを見てみると、ハイパフォーマンスカーに最適な設計を行っており、タイヤに強いこだわりを持つ方には最適なタイヤでは無いでしょうか。

また2019年に、ドイツの自動車情報誌 「Auto Zeitung」のサマータイヤ評価テストにて「プレミアム・コンタクト6」が2位と大きく差をつけて、堂々たる1位を獲得。

テスト内容は、制動、旋回など基本的動体性能や、転がり抵抗や静粛性など、環境面の評価も含めた13項目。

その中で「プレミアム・コンタクト6」は、乾いた路面での走行においては135点(150点満点)濡れた路面での走行テストで142点(150点満点)と満点にほど近い点数を獲得した。

↓コンチネンタルタイヤの歴史や開発技術を解説↓

コンチネンタルタイヤの評判が高い理由。【おすすめタイヤや口コミ評価有】

投稿の目次(もくじ)です。 コンチネンタルタイヤとは?コンチネンタルタイヤの評判が高い3つの技術コンチネンタルタイヤは、耐久性や安心感に注力した、独特なランフラットタイヤを開発。コンチネンタルタイヤは ...

続きを見る

コンチネンタルタイヤとは?

コンチネンタル(Continental)は、1871年に創業した、ドイツ・ハノーファーに本社を構える、タイヤ製品を中心とする自動車関連企業です。

日本国内の拠点となる、コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社もあり日本国内での普及拡大に務めていますが、アジア全体で見ると、マレーシアと中国にタイヤ工場と研究開発機関を設けています。

創業時は、馬車や自転車用のゴム製品、ゴム関連素材、ソリッドタイヤなどを作る企業でしたが、そこからコンチネンタル(Continental)のタイヤメーカーを主軸とした、自動車関連企業としての歴史がスタートするのです。

2014年時点での従業員数は約200,000名で、その売上は4兆5000億円を超え、2015年時点での世界タイヤシェアランキングでは、1位ブリヂストン(日本)2位ミシュラン(フランス)3位グッドイヤー(アメリカ)に続いて、世界第4位のタイヤメーカーに位置します。

一方で、ヨーロッパでの自動車メーカー純正装着ランキングは1位と、ヨーロッパでは揺るぎない存在感を示しています。

近年では、メイン商品のタイヤはもちろんのこと、ブレーキ機器や、自動運転技術などの車両システム分野で成果を上げており、1998年以降はITシステムや電子工学分野の企業を買収し、自動車動作制動技術の分野にも参入しています。

結果的に自動車メーカーを相手とする、足回りの企画、新製品開発、製造、検査、物流までを対応する会社に事業を拡大しました。

日本国内では、1974年7月、高級輸入車販売のヤナセが、タイヤの輸入元として日本での代理店展開をスタート。

2002年には横浜ゴムと業務パートナーとして提携し、その12年後の2014年8月に、Continental(コンチネンタル)の日本拠点となる、コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社を設立。

現在の日本国内代理店は、横浜ゴム・ヤナセ・阿部商会の3社が販売代理店となり、新規ユーザーへの商品普及と、装着数の増加を目指しながらも、日本国内に置ける安定供給体制を整えています。

コンチネンタルタイヤの評判が高い理由。【おすすめタイヤや口コミ評価有】

投稿の目次(もくじ)です。 コンチネンタルタイヤとは?コンチネンタルタイヤの評判が高い3つの技術コンチネンタルタイヤは、耐久性や安心感に注力した、独特なランフラットタイヤを開発。コンチネンタルタイヤは ...

続きを見る

プレミアムコンタクト6の購入資金は、自動車保険の見直しで増やしましょう。

タイヤ交換って大体の方が突然やってきますよね。

その時にタイヤ購入資金があれば問題ありませんが、もしかすると資金が足りないかもしれません。

そんな資金不足を解決してくれるのが自動車保険の見直しです。

最近ではネット経由で自動車保険の各社見積もり比較ができるようになりました。

そのおすすめ出来る見積比較先は 自動車保険無料一括見積もり「保険スクエアbang!」

「保険スクエアbang!」は、現在加入してる自身の自動車保険が高いのか?安いのか?を判断する事が簡単にできます。

貴方の保険料が高ければ保険料を年間最大50000円安くする可能性もあります。

「保険スクエアbang!」は

僅か3分で見積申込みが完了
最大17社の無料自動車保険一括見積もりサービスが可能

登録後はメールと郵便物での営業のみで、めんどくさい電話営業や対面営業をされることは全くありません。

わずか3分で数万円お得になれば、プレミアムコンタクト6の購入資金に回すことも可能ですし、保険の見直しになるから一石二鳥ですね。

【完全無料】僅か3分の自動車保険比較見積もりでタイヤをお得に購入できる。

タイプRで自損事故【管理人体験談】

シビックタイプRで自損事故!車両保険加入で修理代チャラに【体験談】

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

続きを見る

車売却で高額査定をゲットしました。【管理人体験談】

車高く売りたい!出張買取で高額査定ゲット。契約書画像あり

投稿の目次(もくじ)です。 アコードユーロRを乗り換えるため、一括査定サービスに申し込み。自動車買取一括査定の申し込みは簡単で無料!でも交渉は大変。高く買い取ってもらう為の愛車の価値の伝え方。自動車査 ...

続きを見る

ヘッドライトをLED化してみた【管理人体験談】

スフィアライトLEDの評判は? LEDヘッドライト採用理由と口コミ評価まとめ

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

おすすめ記事【必読】

1

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

2

車の査定額には一定の目安が存在します。ネットでよく見かけるのは買取相場表なる、買取業者が設定した相場。1つの基準にもなるが、そこに表示されるのは価格の幅が広いものばかり。 実はもっと精度の高い査定額の ...

3

日本国内の冬季シーズンになると、スタッドレスタイヤの購入や履き替える準備が必要ですね。もちろんタダで交換できるわけもなく、サマータイヤに比べても割高なイメージもあります。 ですが、格安輸入タイヤが当た ...

4

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

5

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

6

2020年現在、定額制サービスが日常まで浸透してきてますよね。管理人もNetflixやSpotifyなどを利用しており、手元で高品質のコンテンツが楽しめるので、レコードやCDを買い求めて探索した日が懐 ...

7

タイヤピットとは? タイヤピットとは、オートウェイで購入したタイヤを、貴方のご自宅近くのタイヤピット加盟店へ直送し取付交換をするサービスです。 このサービスによりタイヤ持ち込み交換の手間が省かれ、購入 ...

-Continental, Continental口コミ, タイヤ, ヨーロピアンタイヤメーカー, ヨーロピアンタイヤ口コミレビュー
-

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2020 All Rights Reserved.