アジアンタイヤメーカー タイヤ タイヤ比較

アジアンタイヤの性能比較。おすすめ購入先は楽天?オートウェイ?

投稿日:2018年3月27日 更新日:

ここ数年で日本のタイヤ販売において認知度が高まってる「アジアンタイヤ」ですが、台湾、インドネシア、韓国、中国などアジア諸国のメーカーが製造するタイヤです。

日本国内のタイヤ市場を見回すと、ブリヂストン、YOKOHAMA、トーヨータイヤなど、性能の点では優秀なタイヤが多く見受けられます。

この現状は今まで数多くのモータースポーツを通じて出してきた結果と、開発研究の賜物だと管理人は考えます。

その一方で、国内に収入格差が広がり、今までの「国民皆中流」の様子が変わってきてます。そうです、お金持ちと貧乏の差がはっきりし始めてきたのです。

今までの環境であれば、国内メーカーの幅広いラインナップに対し需要と供給のバランスが保たれてましたが「アジアンタイヤ」の性能向上も相まって、国内販売のバランスが少しづつ変わりつつあります。

この現象は国内メーカーにとって脅威となる事はあっても、我々消費者にはありがたい話でもあります。

アジアンタイヤがどこで売ってるかは皆さんご存じですか?量販店などにもありますが、タイヤメーカー・ブランド共にオートウェイなどの格安タイヤ通販ショップで購入可能です。

最近のアジアンタイヤは高性能タイヤも増え、国産タイヤと比較しても信頼性も向上してます。人によってはアジアンタイヤはダサいなど酷評されてますが、有名アジアンタイヤメーカーであれば性能的には満足できると確信してます。

アジアンタイヤをお得に購入するならオートウェイがおすすめです。

グリーンバナーアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能?安全?危険?激安?どの程度のものなの?

タイヤ業界全体での性能比較ならば、まだまだアジアンタイヤの性能は伸びる可能性があります。

事実10年前のアジアンタイヤは「安かろう悪かろう」の典型で、当時は価格の安さに誘惑され購入した方も多くいました。

当時のみんカラインプレや2ch(2ちゃんねる)の口コミ、Yahoo知恵袋の評価としては、危ない、恐怖、重い、振動がある、耐久性が低い、まっすぐ走らないなど、

チャレンジした人たちはトラブルの多さや問題に悩まされ、不具合や不良品も多く、最悪は事故を起こして怖い思いを語っていたのも事実です。

でも今は技術力の向上により性能格差は縮まってます。最近では管理人がお世話になってるHONDAディーラー担当者も、性能向上によりアジアンタイヤの品質を評価してますね。

アジアンタイヤメーカーのどの様な性能が向上したのか?箇条書きになりますがざっくりお伝えします。

・静粛性(ロードノイズ)
・ウェットグリップ

・タイヤの重さ
・高速走行性
・転がり抵抗
・耐久性(劣化)
・低燃費
・乗り心地
・ハンドリング性能
・寿命(長持ち)
・制動距離
・ハイグリップ性

性能とはタイヤの性能限界がどれだけ高いのかを示すものです。

例えばレースなど100分の1秒を争う場面であれば性能は重要なポイントですが、レースなどの環境にない人にとっては、そこまで重要な話題でもないですよね。

日常使いでアジアンタイヤを選択するのであれば決して悪い選択肢ではありません。

むしろコスパが高いので経済的な目線でみれば、非常に優れた選択肢だと管理人は考えます。

アジアンタイヤを装着した国際的なレースがあるの知ってましたか?

話が少し逸れますが、ドリフトってこ存じでしょうか?ドリフトの国内メジャー大会の一つ、D1グランプリ。2017年タイヤスポンサーを確認すると、アジアンタイヤメーカーが名を連ねていました。

D1グランプリの2017年タイヤスポンサー
日本:ダンロップ、トーヨー
中国:ゼスティノ、ワンリー、グッドライド
米国:グッドイヤー
台湾:ケンダ、ナンカン

アジアンタイヤメーカーは、レースシーンで認められたタイヤメーカーに成長してるのです。

アジアンタイヤが豊富な格安タイヤ通販サイトはこちらをクリック

実際のD1グランプリの走行動画です。ハードな走行に耐える性能、価格も安いってかなり魅力的ですね。

アジアンタイヤの価格はどうなの?

国内タイヤメーカーに比べて圧倒的にコスパが高いです。国内メーカーの同ランク、同サイズタイヤで比較しても、半額〜の価格差があります。

性能に意識を向けると国内メーカーが良いのは当たり前ですが、ここまでの価格差があるとアジアンタイヤに振り向く人が多くなるのは間違いないでしょう。

特に居住性に優れるミニバンや軽トラックなどの実用車にはおすすめのタイヤであることは間違いないでしょうね。

アジアンタイヤの人気を後押しする販売店舗も実際に増えてきてますし、それに伴い認知度も上がってきてます、今後は自動車タイヤの選択肢が益々増えることでしょう。

ただ人気度が高まってくるとタイヤの値上げもあり得るかもしれません。アジアンタイヤを格安購入できるのはここ数年だけかもしれませんね。

アジアンタイヤは実際に安いのか?価格差をリサーチしてみました。

ここではブリジストンとナンカンの同ランクタイヤの価格差を調査してみました。

BRIDGESTONE POTENZA S001
ブリヂストンのフラグシップスポーツタイヤです。世界一のタイヤメーカーだけあって最高の性能と評価を併せ持ちます。

NANKANG NS-2 
ナンカンのフラグシップスポーツタイヤです。常に技術革新に挑む姿勢が世界中で高い評価を得て、数多くの賞を受賞しています。

価格を比較してみると。

BRIDGESTONE POTENZA S001  19,040
NANKANG NS-26,140

その差なんと12,900

4本同時購入なら51,760もの差があります!!

同じランクのハイグリップタイヤでここまでの価格差があれば人気が出るのも当然。タイヤは格安で購入するために値段はしっかり確認しましょう。

アジアンタイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

アジアンタイヤの安い理由?車検は通るの?デメリットは無いの?

アジアンタイヤ激安価格の理由としては、生産国内の人件費や、タイヤ開発費や広告費などのコストが、メジャータイヤメーカーより低いのが一番の理由です。

もちろんアジアンタイヤにもデメリットがあります。すべてのメーカーが安全に走行できるるのかと言うとそうとは言えません。未だに評判が悪いのが、中国生産のタイヤメーカーが販売するタイヤですね。

タイヤ性能も低い上に、製造年月日が古いタイヤを売りつけることもあります。名の知れたタイヤ通販ショップから購入する分には信頼のおけるタイヤメーカーがほとんどですが、ヤフオクや楽天などで出品されてる無名タイヤに関しては最初は疑っても良いかもしれませんね。

レビュー調べると車検に通らなかったなど見かけましたが、よくよく調べるとタイヤのミゾが無くなったから車検に通らなかったなど、タイヤ管理が悪かっただけのこともありました。このような悪意のあるレビューもありますので、皆さん騙されないよう注意して下さい。

グリーンバナーアジアンタイヤ

オートウェイのタイヤ通販利用者の口コミ評価と、オススメできる理由を大公開。

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

続きを見る

アジアンタイヤの売れ筋おすすめメーカー(ブランド)は?

アジアンタイヤの代表的なメーカーを一覧紹介したいと思います。

NANKANG(ナンカン)台湾

まずは台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)。

50年の歴史を持つ同社は、常に技術革新にチャレンジし続け、今では世界中で高評価を得られるブランドに成長しました。

世界170ヶ国での販売実績を有する、キングオブアジアンタイヤです。

NANKANG(ナンカン)タイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

NANKANGの歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

ATR RADIAL (エーティーアールラジアル)インドネシア

「ATR RADIAL (エーティーアールラジアル)」は、天然ゴムの産地インドネシアのメーカーです。

全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)のスポンサーを務めるなど、エクストリームモータースポーツに注力するタイヤメーカーです。

過去にイタリアのピレリ社やドイツのコンチネンタル社と協力関係を結び、その経験で得た高い技術力と良質な素材によって、優れた製品を世に送り出しています。

ATR RADIAL (エーティーアールラジアル)タイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

ATR RADIALの歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

NEXEN TIRE(ネクセンタイヤ)韓国

「NEXEN TIRE (ネクセンタイヤ)」は、1942年「フンアゴム工業社」として設立。

その後1956年から韓国で最初となる自動車用タイヤを生産開始。その後約70年間にわたりタイヤの生産・販売をしている企業。

トヨタ、三菱、ルノー、プジョー、フォルクスワーゲンなど多くの一流メーカーの純正タイヤとして採用されるなど、信頼性の高いタイヤメーカーです。

NEXEN TIRE (ネクセンタイヤ)の格安通販サイトはこちらをクリック

NEXEN TIREの歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

DURO(デューロ)台湾

DURO(デューロ)は、1945年設立タイヤメーカーです。

1979年に住友ゴム株式会社【ダンロップ】と技術提携を結んでおり、ダンロップの商品を一部OEMで生産しています。

大げさかもしれませんが、DURO=ダンロップ と言っても間違いはないでしょう。

DURO(デューロ)タイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

DUROの歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

FEDERAL(フェデラル)台湾


FEDERAL (フェデラル)は、1954年設立タイヤメーカーです。

1960~1979年はブリヂストンと、1981~2000年は住友ゴム工業(ダンロップタイヤ)とそれぞれ技術提携。

以後、基礎から高度な技術までのノウハウを習得し、フェデラルタイヤという独自のブランドを築き上げてきました。

FEDERAL (フェデラル)タイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

FEDERAL の歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

KUMHO(クムホ)韓国

KUMHO(クムホ)は、1946年のタクシー事業から始まります。

その後、系列社であるバス会社にタイヤを供給するためクムホタイヤを設立しました。

1990年代にはレーシングタイヤの開発を通じて、パンク後も一定時間走行可能なランフラットタイヤを世界で4番目に開発成功。

2014年には横浜ゴム株式会社との技術提携を締結し、高品質、付加価値を提供する為、技術開発に余念のないメーカーです。

KUMHO(クムホ)タイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

 KUMHOの歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

RADAR(レーダー)シンガポール

Radar(レーダー)は、2006年にシンガポールで設立された新しいタイヤメーカーです。

走行性能と環境性能に注力したタイヤ開発が特徴的で、世界90ヵ国以上で展開。

2013年度には「100%カーボンニュートラル」認証を取得するなど環境に配慮したエコ企業の一面もあります。

RADAR(レーダー)タイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

Radar の歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

MAXTREK(マックストレック)香港

MAXTREK(マックストレック)は、2006年創業の香港タイヤメーカー。

常に最新の設備を導入し、世界水準の生産体制を整える新進気鋭のタイヤメーカーです。

最新設備へ積極的に投資を行っており、有名な国際規格ISO9001、ISO/TS16949を始め、アメリカ、ヨーロッパ、ブラジル、ナイジェリア、中国などの認証も取得済み。

年間生産量は7,000,000本を超える今から成長するであろうタイヤメーカーです。

MAXTREK(マックストレック)タイヤの格安通販サイトはこちらをクリック

MAXTREK の歴史や特徴、ユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

 

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)シンガポール

NEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)は2006年にシンガポールに設立された。若いタイヤメーカーです。

製造国はインドネシアですが、商品企画や開発をおこなうの大元の会社は、シンガポールのYHIインターナショナルという会社。

聞き覚えがあまりないであろう、タイヤブランドと思いますが、この会社はフォーミュラレースやモータースポーツに積極的に参加している会社で、その実績を基礎としてNEUTON(ニュートン)タイヤの企画開発を行っています。

また、YHIインターナショナルはNEUTON(ニュートン)タイヤ以外にも、多くのタイヤメーカーを取り扱うタイヤサプライヤーでもあります。

《日本タイヤメーカー》横浜ゴム、ニットータイヤ。

《アジアンタイヤメーカー》ナンカン、ネクセン、ロードストーン。

《ヨーロッパタイヤメーカー》ピレリ。

などなど

この様に、多くのブランドの流通ネットワークを持つYHIインターナショナルが開発するタイヤだけに、新興メーカーとはいえタイヤ製造屋とは違う切り口を持ち、良質なゴムの生産国インドネシアが生み出すNEUTON TIRE(ニュートンタイヤ)は、現在では世界80カ国以上に流通しており認知拡大を続けています。

タイヤ通販大手のオートウェイでも、2018年1月より正規販売をスタートしたばかりの取扱タイヤになります。

NEUTON TIREの特徴やユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

ROADSTONE(ロードストーン)韓国

ROADSTONE(ロードストーン)は、大韓民国の有名タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)ディフュージョンブランドとして、欧州をターゲットとして流通しています。

ヨーロッパの厳格なタイヤ規格「ETRTO」をパスした信頼できるクオリティのアジアンタイヤです。

日本でもここ最近はオートウェイを筆頭としたタイヤネット通販会社が、アジアンタイヤを積極的に販売しており、認知度が急上昇、販売数も伸びているようです。

先述のようにROADSTONE(ロードストーン)は「NEXEN」グループの世界販売を担うタイヤブランドです。

欧州を基本として、北米、中東など100カ国以上に流通しています。

NEXEN(ネクセン)と何が違うのか?はい、基本的に何も違いはありません。

NEXEN(ネクセン)を選ぼうが、ROADSTONE(ロードストーン)を選ぼうが、物は同じですので好きなブランド名で選んでも良いでしょう。

トヨタがレクサス、ホンダがアキュラ、日産がインフィニティといった感じで、基本的な部分は同じだが、海外向けに商標を変え、新しいイメージを打ち出すことでファン層の拡大に力を入れています。

NEXEN(ネクセン)自体も日本現地法人を立ち上げるなど、アジアンタイヤの中でも販売力や開発力が強く、タイヤに求められる基本的な性能は維持しながらも、価格を抑えることで人気を勝ち得ています。

ROADSTONE(ロードストーン)の格安通販ページはこちらをクリック

ROADSTONEの特徴やユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

ZEETEX(ジーテックス)UAEドバイ

ZEETEX(ジーテックス)はアラブ首長国連邦のドバイに本社を構えるプライベートブランド。

タイヤメインとしながらも、自動車関連パーツを多く取り扱うメーカーです。

ZEETEX(ジーテックス)の始まりは2005年にスタート。タイヤをはじめ、バッテリー、ケミカル製品等様々な商品を販売。

肝心のタイヤラインナップも豊富で、スポーツタイヤ、SUVタイヤ、コンフォートタイヤなど、タイヤバリエーションの基本は抑えている。

ドバイと聞くと暑いイメージを持つ人も多いと思うが、なんとスタッドレスタイヤも販売している。

これは、積雪のある国外マーケットを意識した販売戦略と管理人は感じましたね、ポテンシャル未知数ですが今後を期待させるタイヤブランドです。

現在では世界85ヵ国に流通しており、安全性や快適さはもちろんのこと環境にも考慮した開発姿勢が、業界内から高く評価されてます。

ZEETEX(ジーテックス)の格安通販ページはこちらをクリック

ZEETEXの特徴やユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

Pinso Tyres(ピンソタイヤ)インドネシア

Pinso(ピンソ)は、インドネシアで製造されるタイヤブランドです。

同じインドネシアのATRと同じ傘下に付く兄弟ブランドで、その創業は1978年と20年以上の歴史を持つタイヤメーカーでもあります。

アジアエリアをメインマーケットとしたPINSOタイヤは、2007年末から日本国内にも流通しており国内販売から10年以上経過するアジアンタイヤの一つです。

ドリフト競技者に人気が高く、車関係の媒体でも多く紹介されており、その人気の高さが徐々に上がってきてる勢いのあるタイヤメーカーです。

Pinso(ピンソ)の格安通販ページはこちらをクリック

Pinso(ピンソ)の特徴やユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

SUPERIA(スーペリア)中国

SUPERIA(スーペリア)は中国生産のタイヤメーカーですが、ヨーロッパへの流通が多くヨーロッパのエンジニアとの共同開発により、国際的なクオリティと性能基準を満たしながら、国際的なタイヤ規格の内容に認定されているタイヤメーカーです。

ヨーロッパでは夏、冬、オールシーズンのタイヤを販売してますが、タイヤ通販大手のオートウェイでは日本国内の環境にマッチしたタイヤをセレクトして販売しています。

SUPERIA(スーペリア)の格安通販ページはこちらをクリック

SUPERIA(スーペリア)の特徴やユーザーレビュー、インスタ投稿まとめ《クリック!》

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-アジアンタイヤメーカー, タイヤ, タイヤ比較
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タイヤの購入・持ち込み交換が安いのはオートウェイ通販だった(体験談) , 2019 All Rights Reserved.