自動車ニュース

日産 GT-R 2020年型モデル ニューヨークモーターショー2019にて公開

投稿日:2019年4月17日 更新日:

初代「スカイライン2000GT-R」の血統を脈々と引き継ぎ、誕生50年を記念して製作されたスペシャルモデルが、日本時間4月18日未明に開催するニューヨークモーターショー2019にて「GT-R」2020年特別モデルの「50thアニバーサリーエディション」として披露することになった。

GT-R 50周年モデルは、往年のワークスカラーを再現。

GT-R 50thアニバーサリーエディションのカラーリングが特徴的で、メインとなるボディカラーは『スカイラインGT-R R34』の「ワンガンブルー」。ホワイトレーシングストライプをあしらい、往年のワークスカラーを再現。

このレーシングストライプは、国内ツーリングカー選手権で最強と恐れられた、初代スカイラインGT-Rへの敬意こめた証であり、GT-Rとしてのアイデンティティーを誇示するものである。

GT-R 50thアニバーサリーエディションには、ワンガンブルー以外のボディカラーとして、ブリリアントホワイトパールとアルティメイトメタルシルバーも設定する。

インテリアは、グレーをベースにした落ち着きのある趣で、これは日が沈む時の空をイメージしたとのこと。一種の高級車といっても間違いない雰囲気を醸し出している。

また特別仕様として、下記の専用装備を備える。

・50周年記念ロゴ入りメーター

・50周年記念ロゴ入りキッキングプレート

・50周年記念バッジ(センターコンソール)

・専用ステッチ付アルカンターラルーフトリム

・専用ホイールカラー ワンガンブルー

・50周年記念ステッカー

スポーツ性と高級感を上手にミックスしたデザインは、時折和の表情も垣間見え、日本最高クラスの芸術品と呼ぶにふさわしいですね。

2020モデルで最も嬉しいアップデートは、時速300km/h時の直進安定性の向上ではないでしょうか。

グローバルカーでもあるGT-RNI課せられた課題の一つとして、最高速が比較されるが、この最高速を維持するには、エンジンパワーは当然ですが、そのパワーをしっかりと受け止めてくれる足回りや操舵安定性が不可欠です。

2020年モデルの電子制御サスペンションは、セッティングを追求することで、旋回時の安定性と上質な乗り心地を併せ持つものとなり、時速300km/h時の直進安定性が現行モデルよりも格段に引き上げられた、

それに伴うブレーキチューニングも施され、ブレーキの初動をコントロールしやすい仕様になった。

 

これからもGT-Rの発展に期待しかありません!!

ホイル装着シュミレーションができる、フジ・コーポレーションタイヤ通販の購入サイトはこちら

タイヤパンク保証のTIREHOOD(タイヤフッド)タイヤ通販の購入サイトはこちら

おすすめ記事【必読】

1

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

2

投稿の目次(もくじ)です。 タイヤ通販する時の、評価するポイントと注意点。タイヤ通販の注意・評価する4つのポイント詐欺サイトの口コミ、偽サイトを発表します。詐欺サイト?「みんカラ」の体験口コミ偽サイト ...

3

投稿の目次(もくじ)です。 ミシュランタイヤを格安購入するために、タイヤ通販を体験しました。タイヤ持ち込み取り付け交換ができる整備工場を探しました。自宅近くの整備工場をさがしました。タイヤサイズの調べ ...

-自動車ニュース

Copyright© タイヤの購入・持ち込み交換が安いのはタイヤネット通販だった(体験談) , 2019 All Rights Reserved.