スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ交換どこが安い?おすすめの送料無料、タイヤパンク保証の店を調査

投稿日:2022年6月15日 更新日:

スタッドレスタイヤへの交換は冬季シーズン前(1112月)が盛んな時期となります。

そもそもスタッドレスタイヤとは、積雪路面や凍結路面を安全快適に走行する為のタイヤであり、積雪が当たり前の地域では履き替え必須ですね。

もし、積雪・凍結路面をサマータイヤで走行すると、車のスリップや坂道などでまともな走行ができず、最悪の場合事故に遭う可能性が大きいです。

しかし、車を維持するにあたり、維持費は常に発生しており、また、維持費の中でもスタッドレスタイヤ交換に掛かる費用はそれなりに大きく、家計やお小遣いに対し大きな痛手となります。

今回は、スタッドレスタイヤ交換費用を安くお得に済ませる事ができる、おすすめのタイヤショップを紹介したいと思います。

スタッドレスタイヤ交換が安い時期

スタッドレスタイヤ交換が安い時期がある事を皆さんはご存知ですか?

結論から言えば、スタッドレスタイヤ交換は作業の繁忙期より少し前の9月から10月の間が最も安い時期となります。

この時期にスタッドレスタイヤ交換を実施する事で得られるお得が3つあります。

1つ目はタイヤ代金が多少割引されて販売している事
タイヤ販売店の戦略と言いますか、繁忙期のスタッドレスタイヤ交換作業の集中を避ける為はんほってのが理由の一つです。

売れる(交換作業)時期が集中するより、分散される方が作業混雑も回避できます。
また、タイヤ交換を希望する方もにとっても、数多くあるタイヤラインナップへの選択幅が充分にあるという事。
これは繁忙期になるとタイヤメーカーの在庫も少なくなり、希望するタイヤが在庫切れで購入できないケースもあるからです。

2つ目は、繁忙期を少し前倒しすることにより、スタッドレスタイヤ交換作業の混雑を回避する事ができるので無駄に待たされ無い事

繁忙期に入ると雪国ではスタッドレスタイヤ交換重渋滞が発生するような地域もあり、場合によってはスタッドレスタイヤ交換の作業時間が数時間待ちのケースもあるからです。
正に「時は金なり」と言われるように、お金よりも価値のある時間が奪われてしまう事です。
スタッドレスタイヤ交換の総額費用が安かったとしても、数時間も待たされると時間コストが無駄に削られますね。

3つ目は急な降雪積雪になっても慌てる必要がない事

近年季節外れの天気や急な天候悪化による降雪積雪が発生する時もあり、その時スタッドレスタイヤ交換が済んでない状態で運転すると危険な目に遭遇する可能性も高まります。
しかし、前倒しでスタッドレスタイヤ交換を済ませておけば、急な降雪積雪にも対応が可能になります。
急に積雪が始まり、慌ててスタッドレスタイヤ交換を実施しようとしても、多くのスタッドレスタイヤ交換を済ませて無い人たちが、タイヤショップにごった返して無駄な時間を消費することにもなりますね。

管理人
以上1~3の考察をまとめると、スタッドレスタイヤ交換時期を1~2ヶ月早める事でスタッドレスタイヤを安く購入する事ができ、スタッドレスタイヤ繁忙期を避けれるため交換にかかる時間を削減し、急な降雪に対する交通事故のリスク回避も可能になります。

スタッドレスタイヤ交換費用の内訳

スタッドレスタイヤ交換を少しでも安く済ませたいなら、ある程度の費用相場を知る事が大切です。ここからはスタッドレスタイヤ交換に関する費用の目安をお伝えしたいと思います。

スタッドレスタイヤ代金

スタッドレスタイヤはサマータイヤ同様、価格もピンからキリまで存在します。

サイズによっては1本数万円台という高額スタッドレスタイヤもありますし、1本数千円台のスタッドレスタイヤもあります。

きんが金額の大小はあっても、スタッドレスタイヤとして販売されているタイヤは、降雪積雪に対応するものであり、基本的な走行性能は変わりませんが、金額の大小による差といえば、スタッドレスタイヤの寿命や制動距離などの長短など細かな性能部分での差があります。

自身が走行する地域の環境や、月間の乗車回数、走行距離などに合わせて、スタッドレスタイヤを選択する事をおすすめします。

スタッドレスタイヤ価格の結論として、1本数千円~数万円と幅があるのが実情です。

スタッドレスタイヤ交換工賃

スタッドレスタイヤ交換作業とは「タイヤの交換工賃」というようなざっくりとしたイメージを持つ方が多いと思いますが、実際には「タイヤ脱着・タイヤ組み込み」など複数の作業が発生します。

タイヤサイズにより交換工賃が違いますが、1本あたり10003000円あたりが相場となっています。

スタッドレスタイヤのバランス調整

バランス調整とはタイヤの重心を調整する作業です。タイヤの重心が狂うことのデメリットは、真っ直ぐ走らなくなる、タイヤの偏摩耗(片減り)が発生する、車体への振動が増えるなど、多くのリスクが生じます。

このリスクを低減するのがバランス調整です。バランス調整の価格は1本あたり300500円が相場となります。

廃タイヤ処分料

スタッドレスタイヤ交換のために、サマータイヤを外し、且つ処分する場合に発生する費用です。1本あたり300500円が相場となります。

以上をまとめると
タイヤ代金+交換工賃+バランス調整+廃タイヤ処分の合計がスタッドレスタイヤ交換で発生する目安となる金額です。

タイヤ価格1本が10000円だったとしても、4本交換するなら諸々の費用を加えると56万円の費用が発生しますね。

タイヤは車にとって最も重要で安全を水際で守ってくれる存在です。とは言え、スタッドレスタイヤ交換にかかる費用が少しでも安くなればと思う方も多いと思います。

次の項目では、代表的なスタッドレスタイヤの交換先を比較紹介したいと思います。

スタッドレスタイヤの交換先を比較

スタッドレスタイヤを交換してくれるお店ってどこがおすすめでしょうか?代表的な交換先をまとめてみました。

カーディーラー(車購入先)

車を購入した新車ディーラーや中古車販売店などは、販売した車両への対応力は最も大きいかもしれません。なんと言っても車を買ってくれたお客様だから丁寧に対応しますし、新車ディーラーであればその車の事を最も熟知しているからです。

しかし、ディーラーなどで取り扱うタイヤラインナップは多くなく、提携するタイヤメーカーや掛け率を優遇するタイヤメーカーのスタッドレスタイヤの取り扱いがメインとなるので、格安タイヤや輸入タイヤなどの提案は少ないでしょう。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでもタイヤ販売してる店舗多いですよね。時期によってはタイヤ交換キャンペーンを行うなどタイヤに注力するガソリンスタンドもありますね。

タイヤに注力するガソリンスタンドであればタイヤ交換に対する知識や設備なども充実していると思いますが、一般的にはそこまでの専門知識や設備は整ってないのが実情です。

また、ガソリンスタンドによっては新人バイトに任せるケースも見られるので、タイヤ交換を重要視する方にとっては無用な心配をすることになるかもしれません。

カー用品店(オートバックス、イエローハットなど)

スタッドレスタイヤ交換先として直ぐに思いつくのが、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店ではないでしょうか。

カー用品店ではスタッドレスタイヤ交換時期が迫ると、店頭でのキャンペーンや多くの在庫を抱えてお客様の訪問を待ち構えています。

カーライフの提案が売りだからこそ、スタッフの細かな提案力や有名カー用品店だからこその安心感など、タイヤ交換に対する敷居は低く最もお願いしやすいお店の一つです。

しかし、人気であるが故に、混雑している場合は数時間も待たされたり、在庫がない場合もあり、スムーズな交換が常に可能かと言えばそうではありません。

自動車整備工場

自動車整備のプロ集団が揃うのが、自動車整備をメインとする整備工場です。

近所にいつも車の修理をしている工場がありますが、そのようなお店は一見立ち寄りづらい雰囲気や、タイヤ交換作業をメインとしてないために、タイヤ交換のオペレーションがざっくりしており、タイヤに対する専門知識もそこまで深くない印象があります。

懇意にしている自動車整備工場があれば、最もおすすめできますが、その様な人って多くないですよね。また、価格も整備工場により差があるので、明朗会計を求める方にとっては、僅かでも不安材料が残りますね。

タイヤ専門店

タイヤ専門店はタイヤに対する知識、取り付けの技術などが高く、費用を抜きにすれば最もおすすめの交換先です。

有名なのはブリヂストンが運営するタイヤ館などがありますが、この場合、タイヤの選択肢がブリヂストンがメインとなり狭まりますね。

他にも激安タイヤを売りにする店舗、持ち込みタイヤ交換歓迎店舗などもあります。

近所にこの様なお店があればラッキーですが、ない場合はお店を探すのに手間が掛かりますね。

タイヤ通販ショップ

タイヤ通販ショップは近年メジャーになってきた、タイヤ販売の新しいスタイルで、タイヤの購入から取り付けまで、一括で対応するサービスが人気です。

スマホ片手にタイヤ注文して、タイヤ交換日の予約も可能だから、タイヤ交換日に一回取り付け店舗を訪ねるだけだから、無駄に待たされたり、在庫が無くて無駄足を踏む事もありません。

また、タイヤ通販ショップはタイヤを大型倉庫に一括在庫していることから、運営経費が少ないため、スタッドレスタイヤが安く販売されています。

また、スタッドレスタイヤ交換作業においても、タイヤ通販ショップの提携店が実施するので、工賃一律の明朗会計であり、通販ショップと作業店舗の連携が取れているので安心です。

スタッドレスタイヤ交換先を比較した個人的感想

この様に、タイヤ交換先も様々ですが、費用・時間・明朗会計のバランスが最もとれているのがタイヤ通販ショップではないかと個人的に感じます。

管理人自身、以前はディーラーや用品店にて交換してましたが、複数回訪問する手間、タイヤ選択肢の狭さなどに不満を感じており、タイヤ通販ショップを利用してからは費用も時間も低減される事を経験し、その後はタイヤ通販ショップでしか注文してません。

世の中のコストには「お金と時間」があります。お金は数値としてみれるので高い安いの差がわかりますが、時間に関してはそれぞれ価値観が違うので、人によってはかなり無駄なコストと感じる事もあるでしょう。

管理人もお金よりも時間のコストを優先する事も多少あります。目的地に10分早く着くなら状況によっては高速道路を使います。お金は掛かりますがその時は時間の方が優先になるという事です。

10分の時間を削る事で数千円のコストが発生しても、削った10分で何を達成できるのかによっては、数千円なんて僅かな価値でしかない場合もあります。

この記事を読んでる方には、費用コスト+時間コストも考えた上で、スタッドレスタイヤ交換をおすすめしたいと思います。

スタッドレスタイヤおすすめ通販ショップ

管理人がおすすめするスタッドレスタイヤの購入先はタイヤ通販ショップとお伝えしましたが、特におすすめできるのが、ほぼ日本全国送料無料の「オートウェイ」タイヤパンク保証付きの「タイヤフッド」です。

三菱商事エネルギー関連企業の株式会社BEADが運営するタイヤフッド

中古車情報グーを運営するプロトコーポレーションのグループ企業のオートウェイ

タイヤフッドとオートウェイは、スタッドレスタイヤ購入から取り付けまで一括対応。

お店でタイヤ交換する場合は、混雑により待たされる事や品切れの場合もあり、一度の訪問では済まない事もあります。

タイヤフッドとオートウェイはタイヤ購入時に取り付け予約も行うから、待たされたり品切れなんて事はありません。

次の項目では、タイヤ購入から取り付けまで一括予約できる、タイヤフッドとオートウェイの特徴をお伝えします。

スタッドレスタイヤが激安 オートウェイ公式ホームページ

スタッドレスタイヤもパンク保証 タイヤフッド公式ホームページ

タイヤフッドの特徴

タイヤフッドはカーフロンティアとオートバックスセブンが共同出資した、株式会社BEADが運営するタイヤ通販ショップです。

タイヤフッドが提携するタイヤ取り付け店舗数は、国内最大規模の4800店舗あり、その内の約500店舗は全国にあるオートバックス。

タイヤフッドで購入したタイヤは、タイヤ取り付け店舗や自宅に直送してくれるから、取り付けを依頼した場合でもタイヤを持ち込む必要がありません。

タイヤフッドはパンクしたら新品に交換してくれる

タイヤパンク保証のパイオニアであるタイヤフッドは、無料/有料のパンク保証サービスを提供しており、パンクした場合は新品タイヤに交換してくれます。

●無料保証の場合 購入から6ヶ月は「パンクしたタイヤのみを新品に交換

有料保証であれば2年保証!!1本のパンクでも4本新品に交換

※保証にはパンクによるタイヤ交換工賃も含まれておりパンク時の費用負担ゼロ

管理人
有料保証は1本パンクで4本新品交換が永久保証と、かなり手厚いサービスですね。

パンク保証内容の詳細はこちら【タイヤフッド公式ページに遷移】

タイヤフッドのスタッドレスタイヤ取り付けサービス

タイヤ取り付け提携店全国4900店舗(オートバックス600店舗+オートバックス以外4300店舗)と圧倒的店舗数。日本全国に多数の提携店舗があるので、取り付け店舗が自宅近所のあの店だった!なんてことも充分あり得ます。

以下の表はタイヤフッドの取り付け工賃です。同じインチサイズでも窒素ガス充填のオートバックスと、それ以外ではタイヤ1本につき600円の価格差があります。

窒素ガスは空気圧の変化が少ないことや、乗り心地の向上など車にとってのメリットが多く、運転環境を向上させたい方にはおすすめの交換先です。

タイヤフッド交換工賃
インチガソリンスタンドや整備工場工賃※1本あたり(税別)オートバックス工賃※1本あたり(税別)
16インチ以下2400円3000円
17インチ2900円3500円
18インチ2900円3500円
19インチ3900円4500円
20インチ4400円5000円
21インチ以上5000円5600円

交換料金にはタイヤとホイールの脱着費、タイヤとホイールの組み換え、タイヤバランス調整、ゴムバルブ交換、廃タイヤ、廃ホイール処分費用を含む
ランフラットタイヤは上記料金表の2倍の価格となります。
ランフラットタイヤからの履き替えは別途費用が発生する場合があります。
改造車両や特殊車両の場合は別途費用が発生する場合があります。

管理人
タイヤフッド直営店舗で交換する場合はスタッドレスタイヤ1本につき500円、4本なら2000円もお得に交換可能です。

タイヤフッド利用者の口コミ

ここからはタイヤフッド利用者の口コミを紹介します。

価格,配送,業務店は満足

引用元:https://tire-hood.com/

(価格について)

同じメーカー同じ種類のタイヤについて、ガソリンスタンドやディーラーに見積もりを貰いましたが、TIREHOODさんが断トツでお安かったです。

(タイヤについて)

値段も安く口コミも良かったのでこのタイヤを選びました。乗り始めて間もないですが、特に問題なく乗れています。

(タイヤ交換について)

近くのガソリンスタンドで30分程度で作業をして頂けました。とてもスピーディーで満足しています。

引用元:https://tire-hood.com/

新車購入時から履いていたタイヤと違いがよくわかりませんが、何の違和感もありません。こんなに安くタイヤの組み換えができてとても満足しています。

引用元:https://tire-hood.com/

ディーラーでタイヤ交換が7万ほどで、今回タイヤフッドさんで購入して保証付きで43000円ほどとなりました。ディーラーのメリットはあると思いますが、費用対効果としてはタイヤフッドさんで満足してます。また、交換先の平川タイヤサービスさんを選べたんですが、対応良くて良かったです。次回も使用したい。

引用元:https://tire-hood.com/

管理人
ディーラーのタイヤ価格と比較して、タイヤフッドはパンク保証付きで半額近い金額で済んだ話は特に気になりました。コスパが高いのはタイヤネット通販に軍配が上がりますね。

オートウェイの特徴

オートウェイは中古車情報サイトのgooを運営するプロトコーポレーションの子会社です。オートウェイはgooに登録する全国の自動車販売店と提携しており、タイヤ取り付け店舗は全国に3200店舗あります。

オートウェイもタイヤ購入時に取り付け予約まで一括可能。購入したタイヤも取り付け店舗や自宅への直送が可能だから、取り付けを依頼した場合でもタイヤを持ち込む必要がありません。

オートウェイは、ほぼ日本全国タイヤ送料無料

オートウェイは全てのスタッドレスタイヤ送料がほぼ日本全国無料。
※沖縄や離島においては送料が550円別途かかります。

取り扱うタイヤも幅広く、日本で馴染みの薄い輸入スタッドレスタイヤや一流ブランドのスタッドレスタイヤまで激安で販売しています。

激安だからといって性能が悪いわけではないから、輸入スタッドレスタイヤを装着したユーザーレビューの評価も好調です。

オートウェイのスタッドレスタイヤ取り付けサービス

オートウェイは「タイヤピット」というタイヤ取り付けサービスを提供。タイヤ取り付け費用は全国一律価格だからどこの店舗でも共通サービスが受けられるのが特徴です。

オートウェイでは202110月末までのスタッドレスタイヤ購入者に向けて、早割キャンペーンを実施しておりタイヤ価格が5%割引されます。

スタッドレスタイヤを早めに手配する事で安く購入できますし、スタッドレスタイヤ繁忙期前に準備しておく事で、慌ててスタッドレスタイヤに交換しなくて済みますね。

少しでも気になる方はオートウェイ公式サイトをチェックしてはいかがでしょうか。

スタッドレスタイヤが激安オートウェイ公式ホームページ

タイヤピット交換工賃
インチサイズ1本あたり価格(税別)
15インチ以下1800
1618インチ2200
19インチ以上2700

工賃は、タイヤホイール脱着費、タイヤホイール組換え、タイヤバランス調整です。
※オートウェイで購入したタイヤに適用される料金です。
価格には廃タイヤ処理費、バルブ交換料金は含みません。
低偏平タイヤ、ランフラットタイヤ、21インチ以上のタイヤ、改造車両、特殊車などの場合は、別途費用が発生する場合があります。

管理人
交換費用を安く済ませたい方、近所で交換したい方は必見です。

オートウェイ利用者の口コミ

ここからはオートウェイ利用者の口コミを紹介します。

この製品に決めたきっかけはやはりオートウェイさんスタッフの対応でした。
相談にのって頂き、私の求めるスペックがこの製品でした。
更に、注文から2日後に到着!  めっちゃ早い! すごい!
そして、運転してビックリ! 非常に良いタイヤじゃないですか!!!
乗り心地がビックリするほど良くなり、静粛性も良し!
交換した日が大雨で、すぐウエット性能も確認でき、次の日にドライ性能も確認でき、大変満足!
耐久性能はすぐ確認出来ないから、少し低めに評価したが、長持ちすればいいな。
でも、これはおすすめですね! 満足のいく買い物でした!

引用元:https://www.autoway.jp/

はじめての利用で少し不安もありましたが、購入から取り付けまでスムーズにでき、タイヤ自体も今のところ国産タイヤと特に違いは感じません。

引用元:https://www.autoway.jp/

オートウェイでタイヤを購入し、自宅近くの取り付け店
で装着しました。直ぐに親切に対応してくれました。
又次の機会にも、利用したいと思います。ありがとうございました。

引用元:https://www.autoway.jp/

日曜日に注文し水曜日に発送、木曜日にタイヤピットに到着し午後には交換作業完了と非常にスムースでした。初めてのアジアンタイヤでしたが全く違和感なく、今週末安心してゴルフに行けそうです。今後もリピート価値ありそうです。

引用元:https://www.autoway.jp/

管理人
口コミを見ると、納品までのスピードや、タイヤ交換の対応などが高く評価されてます。

タイヤサイズの見方は?

ここまで、手間が少ないタイヤ交換ができる、オートウェイとタイヤフッドを紹介しましたが、タイヤ購入から取り付けも対応しつつタイヤ価格もお値打ち。活用することで今以上に手軽に手間なくタイヤ交換ができますね。

因みにこの記事を読んでくださる皆さんは愛車のタイヤサイズってご存じでしょうか?タイヤサイズ知ってればネット通販時にさらにスムーズにタイヤ交換ができます。

タイヤサイズの見方ってすごく簡単です、もし知らなければこの機会に覚えておきませんか?

タイヤを見て確認する方法

タイヤ情報 表示例

現在装着するタイヤの側面を見てもらうと、上のような数字や記号が記載されていると思います。この画像を例に挙げるなら「タイヤ幅・偏平率・リム径」をチェックします。

●タイヤ幅235 ●偏平率35 ●リム径(ホイールサイズ[〇〇インチ])19 なので、「235/35/19」←こちらがタイヤサイズとなります。

ドア内側を見て確認する方法

ほとんどの車の運転席内側に、タイヤサイズとしてい空気圧が記載されたシールが貼っていると思います。こちらにも「タイヤ幅・偏平率・リム径」のサイズが記載されてますので確認してみてください。

この3点を抑えておけば、オートウェイタイヤフッドのサイズ検索ページで入力するだけでお勧めのタイヤが提案されます。

管理人
タイヤサイズ・空気圧管理については以下の記事にて詳しく解説しています。

タイヤ交換時に便利「タイヤサイズと空気圧」おすすめ基礎知識

タイヤ交換は自動車を所有してる方に定期的に訪れる交換作業のひとつですが、ガソリンスタンドやカー用品店のスタッフに言われるがまま、タイヤ交換してませんか? 決して言われるがままが悪いわけではなく、タイヤ ...

続きを見る

本当に簡単でした。わずか3分で数万円お得になれば大切な人との思い出作りや趣味への投資に回す事もできますね。 ちなみに管理人はBSポテンザS001の購入資金にしました。あなたも得しませんか?[/st-kaiwa1]

たった3分で30,000円得した自動車保険見積もり比較

管理人が愛車を鉄ポールにぶつけてボコボコにしたけど車両保険で保険金満額受給した記事はこちら。

自損事故!車両保険加入で修理代チャラに

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

続きを見る

管理人
最後まで読んでいただきありがとうございます。皆様のカーライフが素敵なものになりますよう願っております。
  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

-スタッドレスタイヤ

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2022 All Rights Reserved.