自動車ニュース

2019年度 世界自動車販売台数 TOP3出揃う。

投稿日:

2019年度 世界自動車販売台数が発表されました。

2019年度自動車世界販売台数が発表され、国内からはトヨタ2位と日産三菱ルノー連合3位とTOP3にランクイン。販売台数世界一はフォルクスワーゲングループが4年連続で1位を獲得しました。

トヨタとフォルクスワーゲングループは過去最高の販売台数を更新したが、日産三菱ルノー連合は前年と比較して大幅に減少しており、この原因としてルノーと日産の内部争いやゴーン氏の金銭絡みの不祥事などをはじめ、複数の要因が重なった結果と言える。

2018販売台数2019販売台数
1位 フォルクスワーゲングループ 1083.4万台1097.4万台(前年比増)
2位 トヨタ自動車(ダイハツ・日野含む)1060.3万台1074.2万台(前年比増)
3位 日産三菱ルノー連合1075.7万台1015.5万台(前年比減)

各社の自動車ブランド数を調べてみた。

フォルクスワーゲングループが世界販売台数首位に立つ理由として、傘下メーカーが豊富であるということ。日産三菱ルノー連合も複数の傘下メーカーがあるが、フォルクスワーゲングループと比較すると少々物足りなさを感じる。

驚きなのはトヨタ。トヨタは日本国内の3メーカー合同での販売台数が「世界2位」と思うと、自動車業界を牽引するのはトヨタ自動車と言っても過言ではないだろう。

フォルクスワーゲングループ

  1. フォルクスワーゲン
  2. アウディ
  3. アウトモービリ・ランボルギーニ(アウディ傘下)
  4. ドゥカティ・モーター・ホールディング(アウディ傘下)
  5. セアト
  6. シュコダ・オート
  7. ベントレー・モータース
  8. ブガッティ・オトモビル
  9. ポルシェ(Porsche AG)
  10. スカニア(Scania AB)
  11. MAN(MAN SE)

トヨタ自動車

  1. トヨタ自動車
  2. 日野自動車
  3. ダイハツ工業

日産三菱ルノー連合

  1. 日産自動車
  2. 三菱自動車工業
  3. ルノー
  4. ルノーサムスン
  5. ダチア
  6. アフトヴァース
管理人
日本メーカー陣は、憧れのブランドを持つフォルクスワーゲンの独走を止めることはできるでしょうか? 来年の世界販売台数に期待です。頑張れトヨタ、頑張れ日産・三菱!!

タイプRで自損事故【管理人体験談】

シビックタイプRで自損事故!車両保険加入で修理代チャラに【体験談】

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

続きを見る

車売却で高額査定をゲットしました。【管理人体験談】

車高く売りたい!出張買取で高額査定ゲット。契約書画像あり

投稿の目次(もくじ)です。 アコードユーロRを乗り換えるため、一括査定サービスに申し込み。自動車買取一括査定の申し込みは簡単で無料!でも交渉は大変。高く買い取ってもらう為の愛車の価値の伝え方。自動車査 ...

続きを見る

ヘッドライトをLED化してみた【管理人体験談】

スフィアライトの評判は? LEDヘッドライト採用理由と口コミ評価まとめ

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

car460

自身の趣味である自動車ドライブやカスタム、メンテナンスでの知識を踏まえ、自動車に関して経験してきたことや、パーツ購入を通じて得た経験を当ブログにて情報発信しております。

おすすめ記事【必読】

1

管理人の一句から始まりましたが、わたくし、愛車で自損事故を起こすというダサい体験をしてしまいました。 事故当時は複雑な気持ちでいっぱいになり、なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返す始末。。。 ただ相手 ...

2

車の査定額には一定の目安が存在します。ネットでよく見かけるのは買取相場表なる、買取業者が設定した相場。1つの基準にもなるが、そこに表示されるのは価格の幅が広いものばかり。 実はもっと精度の高い査定額の ...

3

日本国内の冬季シーズンになると、スタッドレスタイヤの購入や履き替える準備が必要ですね。もちろんタダで交換できるわけもなく、サマータイヤに比べても割高なイメージもあります。 ですが、格安輸入タイヤが当た ...

4

シビックタイプR純正のハイビームはハロゲンバルブ。明るさが物足りない事と見た目のドレスアップを兼ねて、某ショッピングモールにて5000円の中華LEDバルブに交換しましたが、価格が安い物は品質もその程度 ...

5

タイヤ交換の時期が迫ってきた貴方。 このホームページに訪問頂いたってことはタイヤ交換に悩まれてるのでは無いでしょうか? 特にすり減ったタイヤで走行すると、走行性能が低下し、曲がらない、止まらない、滑り ...

6

2020年現在、定額制サービスが日常まで浸透してきてますよね。管理人もNetflixやSpotifyなどを利用しており、手元で高品質のコンテンツが楽しめるので、レコードやCDを買い求めて探索した日が懐 ...

7

タイヤピットとは? タイヤピットとは、オートウェイで購入したタイヤを、貴方のご自宅近くのタイヤピット加盟店へ直送し取付交換をするサービスです。 このサービスによりタイヤ持ち込み交換の手間が省かれ、購入 ...

-自動車ニュース

Copyright© 車大好き LOVE IN MYCAR , 2020 All Rights Reserved.